インフルエンサーマーケティングとは?効果やメリット、企業事例や活用方法、注意点を紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • インフルエンサーマーケティングの概要や効果、メリットやデメリットを知りたい
  • 企業がインフルエンサーマーケティングを実施する際のポイントを知りたい
  • インフルエンサーマーケティングの成功事例や失敗しないための注意点を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「インフルエンサーマーケティングの効果や企業の成功事例、失敗しないための注意点」などを紹介していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ
目次

インフルエンサーマーケティングとは

secretary

インフルエンサーマーケティングとは、SNSを中心に大きな影響力を持つインフルエンサーに自社の商品やサービスを紹介してもらうマーケティング手法です。

近年、企業のPRや発信に対する信頼度や反応率は徐々に下がりつつあります

しかし、たくさんのフォロワーやファンを抱えている信頼性の高いインフルエンサーにマーケティングを依頼すれば、効果的に自社の商品やサービスを宣伝することができます。

インフルエンサーの発信は、フォロワー層やファン層の共感を獲得しやすく拡散力も非常に高いため、インフルエンサーにPRを依頼する企業が増えてきています。

インフルエンサーマーケティングの市場動向

SNSの普及によって、インフルエンサーマーケティングの市場規模はどんどん拡大しています。

インフルエンサーマーケティングの市場規模は、2018年で219億円、2020年には317億円、2021年には425億円まで拡大しており、ここ3年間で約2倍にまで膨れ上がっています

また、今後はさらに市場規模が成長していくと言われており、2025年には市場規模が約723億円まで拡大すると予想されています

そのため、インフルエンサーマーケティングの注目度は今後さらに上がっていくと考えられます。

そもそもインフルエンサーとは何か?

インフルエンサーとは、人や世の中に対して強い影響力を持っているクリエイターのことです。

インフルエンサーという言葉は、必ずしも個人のクリエイターに対して使われる訳ではなく、団体に対しても使われることがあります。

インフルエンサーはSNSを使って活動していることが多く、自身の投稿をバズらせたり、ユーザーの感情や行動にアプローチしたりすることに長けています。

インフルエンサーはフォロワー数が多い傾向にあり、フォロワーとの距離間も近いため、マーケティングとの相性は抜群と言えるでしょう。

また、インフルエンサーは活動しているSNSによって、以下のように呼ばれることがあります。

  • TikTokのクリエイター:ティックトッカー
  • YouTubeのクリエイター:ユーチューバー
  • Instagramのクリエイター:インスタグラマー

ひと口にインフルエンサーといっても、どのSNSを利用しているかなどによって、フォロワーの年齢や好みなどに違いがあるといった特徴があります。

インフルエンサーの種類

インフルエンサーはフォロワー数によって、いくつかの種類に分類されます。

インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーを目的に合わせて的確に選定することが非常に重要です。

そのため、フォロワー数も検討しながら依頼するインフルエンサーに興味を持っているフォロワーや、インフルエンサー自体の個性についても理解しておく必要があるでしょう。

インフルエンサーの種類や特徴、目安のフォロワー数は以下の通りです。

種類特徴フォロワー数
メガインフルエンサー
  • 最も影響力のある部類で、タレントや芸能人、トップYouTuberなどに多い
  • 他のインフルエンサーからもフォローされていることが多いため、フォロワー以上の拡散力が期待できる
100万人以上
ミドルインフルエンサー
  • 世間全体というよりも、特定のSNS上で人気を集めている個人が多い
  • 専門ジャンルを中心に投稿している場合が多く、ターゲットを絞りやすい傾向にある
10万人以上
マイクロインフルエンサー
  • ミドルインフルエンサーほどではないが、特定のジャンルに特化した個人が多い
  • SNSを専門に活動している場合だけでなく、会社員や学生などもいる
1万人以上
ナノインフルエンサー
  • 同じ趣味や好みに共感した人たちが集まっており、比較的小規模な点が特徴
  • フォロワーとの距離間が近いため自社商品と相性が良ければ高い訴求力が期待できる
1,000人以上
ライトインフルエンサー
  • ナノインフルエンサーよりもさらに規模が小さいが、その分フォロワーとの距離間が近い
  • 発信に対してフォロワーからの信頼度が高い傾向にある
1,000人以下

インフルエンサーマーケティングの効果/メリット

happy2

インフルエンサーマーケティングのメリットや効果を解説していきます。

広告感が少なく、消費者に受け入れられやすい

企業が自社の商品やサービスを紹介する場合、どうしても広告感を強くなってしまうため、情報を受け取るユーザーの反応率が下がってしまいがちになります。

ユーザーの中には、広告の情報を排除するアドブロックを使用しているケースもあるため、そもそも情報が届かないといったこともあります。

一方で、インフルエンサーに依頼する場合、1人の消費者としてユーザー目線のレビューをしてくれるため、発信の広告感が少なくなる傾向にあります。

また情報の信頼性や説得力も増すため、商品やサービスの成約率、サイトへのアクセスアップも期待できるでしょう。

自社商材に合ったターゲット層にアプローチできる

インフルエンサーは特定のジャンルに特化しているケースが多く、似たような趣味や好みを持ったフォロワーを抱えていることが多いです。

例えば、美容に関する情報を発信しているのであれば、美容に興味のある20代~30代の女性。

若者への起業を発信しているのであれば、20代の男性といったように、インフルエンサーマーケティングを行う際は、ある程度ターゲット属性を絞ることが可能です。

そのため、インフルエンサーのフォロワー属性を見極めることで、自社商材に最適なターゲットに対して効果的な広告を出すことができます。

広告効果が高いため、最低限のコストで利益の最大化を期待することが可能です。

情報の拡散やバズを狙うことができる

インフルエンサーはSNSで活動していることが多く、発信した投稿がフォロワーに共感されればフォロワーが拡散する形で口コミが広がっていきます

また、フォロワーの口コミがさらに共感を生んで、いわゆる“バズ”が起きることも多いです。

インフルエンサーはフォロワーへの共感が非常に得意なため、頻繁にバズが起きます。

バズった投稿は話題性が高くなるため、より多くのユーザーに自社商材を認知させることができます

インフルエンサーマーケティングにおいて、バズも重要なキーワードと言えるでしょう。

簡単に効果の分析やデータ取得が可能

インフルエンサーは基本的にSNS上で発信しているため、商品のPR案件が来た場合もいつものSNSを利用するケースが多いです。

SNS上では案件投稿に関するデータが簡単に取得できるため、PRの閲覧数やクリック数、見られた時間帯や年齢層などのデータをすぐに把握することができます

実行中のマーケティング施策の効果を定量的かつ迅速に分析することが可能なため、問題点がある場合でもすぐに施策を改善することができます

広告において正確なデータが取得できる点はとても重要なため、データ取得の利便性もインフルエンサーマーケティングの魅力の1つと言えるでしょう。

他社との差別化を図れる

インフルエンサーに自社商品をレビューしてもらうことで、他社の似ている商品と差別化ができます。

例えば、自社と他社の商品が似通っているような場合、機能や料金で差別化することは非常に困難です。

しかし、インフルエンサーを商品のPRに活用すれば「〇〇さんがPRしている商品」として、ブランドイメージを確立することが可能です。

このように、インフルエンサーマーケティングを有効活用すれば、自社商品に新しい強みを作り他社商品との差別化が図れるでしょう。

インフルエンサーマーケティングのデメリット

depression

インフルエンサーマーケティングのデメリットを解説していきます。

自社に合ったインフルエンサーにオファーするのが難しい

インフルエンサーマーケティングでは、自社の商品と相性の良いインフルエンサーに依頼することが非常に重要です。

しかし、自社の商品が最適なインフルエンサーを見つけるのは難しく、依頼する際には様々な要素を検討する必要があります。

フォロワー数だけでなく過去のPR案件の結果やフォロワーの年代や性別、投稿への反応率など、総合的に判断して適切なインフルエンサーを選定しなければいけません。

自社商品に魅力を感じやすいターゲットに情報を届けられないと意味がないため、インフルエンサーの選定には細心の注意が必要です。

有名インフルエンサーに依頼する場合、高額な費用が必要になる

有名なインフルエンサーに商品紹介を依頼すると確かに効果は得られますが、その分高額な費用が必要となります

一般的な費用相場として「フォロワー1人につき◯円」という形が多く、インフルエンサーの種類によって単価の傾向は異なります。

  • メガインフルエンサー:4~6円
  • ミドルインフルエンサー:3~5円
  • マイクロインフルエンサー:2~3円

また、他にもYouTubeなどの動画メインの媒体を利用する場合は、1再生回数に応じて◯円といった単価が設定されることもあります

最終的に報酬形態を決めるのはインフルエンサー側であるため、高額な費用が必要となるケースもあるでしょう。

炎上して企業のイメージが悪くなるリスクがある

インフルエンサーは高い影響力を持っていますが、その影響力が必ずしも良い方向に向かう訳ではありません。

インフルエンサーが不祥事を起こしたりPR内容がモラルに反していたりすると、炎上して企業ブランドのイメージダウンに繋がる可能性も十分あります

一方で、企業案件だということを隠して宣伝するステルスマーケティングという手法がありますが、多くのユーザーはステマに対して嫌悪感を感じます

たとえステマではなくてもユーザーが勘違いして炎上し、企業のイメージが落ちることも考えられます。

インフルエンサーの影響力は諸刃の剣となる可能性が高いため、PRを依頼する際にはレギュレーション面についてしっかりと確認するようにしましょう。

インフルエンサーマーケティングに活用される主なSNS

social2

インフルエンサーマーケティングで活用される主なSNSプラットフォームを紹介していきます。

TikTok

Tiktokはショートムービーが中心のSNSで、手軽におもしろ動画が作成できる編集ツールも充実しています。

他のSNSに比べてよりポップな特性があり、ユーザーは10代~20代が中心です。

一方で、10代~20代の若者世代は特に広告に過敏な傾向があるため、できるだけマイルドな宣伝方法を選ぶことで反応率を上げられるでしょう。

YouTube

YouTubeは投稿した動画を多くの方が自由に視聴できるSNSで、10代~50代まで幅広いユーザーが利用しています。

比較的長めな動画も受け入れられているため、他のSNSに比べて訴求力が強い傾向にあります

また、視聴者も人気YouTuberが動画内で紹介した商品を概要欄などから積極的に確認してくれる傾向があるため、高い成約率が期待できます。

Instagram

Instagramは綺麗な写真や短い動画を中心に投稿するSNSです。

リリースした当初は女性ユーザーが多かったですが、現在の男女比はおよそ半々。

Instagram内でシェアされやすいのは写真映えしている投稿なため、ファッションやグルメなどと相性が良いでしょう。

また、Instagramでは投稿から直接販売サイトへ斡旋できるショッピング機能や、インフルエンサーの投稿を企業の広告として再利用できるブランドコンテンツ広告機能なども充実しています。

さらに、ステマ防止に繋がるブランドとのタイアップタブの実装なども実装されているため、インフルエンサーマーケティングが行いやすいSNSと言えます。

企業がインフルエンサーマーケティングを成功させるためのポイント

checklist

インフルエンサーマーケティングを企業が実施する際のポイントを解説していきます。

自社商材に合ったジャンルのインフルエンサーを選定する

インフルエンサーマーケティングを成功させるには、自社商材に合ったインフルエンサーを選定することが特に重要です。

例えば、同じ10万人のフォロワーを持つインフルエンサーだとしても、集まっているフォロワーの年代や性別、趣味や好みなどは大きく異なります。

また、自社商品のターゲットが20代の女性だった場合に、20代の女性のインフルエンサーに依頼するのは要注意です。

インフルエンサーの強みによっても異なりますが、20代の女性インフルエンサーのフォロワーには意外にも20代~30代の男性が多い傾向にあります。

こうなると、適切なターゲット選定ができていないため、高いマーケティング効果は得られないでしょう。

自社商品を魅力に感じるターゲットに宣伝しないと意味がないため、インフルエンサーの選定は慎重に行いましょう。

インフルエンサーのフォロワーのエンゲージメント率を確認する

インフルエンサーマーケティングにおいて、インフルエンサーのエンゲージメントを確認することも成功のために重要となります。

エンゲージメントとは投稿に対してユーザーがどれだけ反応したかを示した値のことで、インフルエンサーの本当の影響力が分かります。

というのも、フォロワーが多いからといって必ずしも影響力があるとは限らないからです。

中には、お金でフォロワーを購入しているケースも考えられるため、エンゲージメント調査は非常に重要となるでしょう。

インフルエンサーを信頼して、企画内容や表現方法に口出ししすぎない

インフルエンサーに商品の宣伝をお願いする場合、細かく指示を出してしまうと失敗する可能性があります。

インフルエンサーにはそれぞれ個性や魅力があり、フォロワーはその魅力に惹かれています。

しかし、企業側の要望で発信内容が固められてしまうとインフルエンサーの自由度が減り、普段どおりの魅力的なコンテンツが生み出せません。

そうなると、いつも通りの投稿を期待しているフォロワーには響かず、反応率の悪い広告になってしまいます

そのため、インフルエンサーに依頼する場合は、指示は最低限にとどめて、できるだけ自由に表現してもらった方が得策と言えるでしょう。

インフルエンサーマーケティングに成功した企業事例3選

Marketing3

インフルエンサーマーケティングに成功した企業の事例をいくつか紹介していきます。

任天堂:YouTube

任天堂は、日本でもトップクラスの人気を誇るYouTuber「HikakinTV」とコラボして、インフルエンサーマーケティングを成功させています。

依頼した商品はNintendo Switchの有機EL搭載モデル。

動画内ではこれまでのモデルとの違いを的確に表現しており、動画を通して視聴者に魅力が通じたことで高い広告効果が得られました。

HikakinTVの視聴者とNintendo Switchのターゲットが、上手くマッチした事例と言えるでしょう。

Dior:Instagram

日本だけでなく世界でも人気なコスメ・ファッションブランドDiorは、Instagramを使ってインフルエンサーマーケティングを成功させています。

日本でトップクラスのインスタグラマーであるcocomiさんを起用し、Diorの新しい化粧品のレビューを紹介。

化粧品という写真映えするアイテムとInstagramの相性は抜群で、分かりやすく効果を表現されていたため、高い広告効果が得られました。

この事例からも分かるように、写真映えする商品を宣伝したい場合は、Instagramが最適と言えるでしょう。

ローソン:Twitter

大手コンビニエンスストアであるローソンは、Twitterを活用してインフルエンサーマーケティングを成功させています。

起用したインフルエンサーは、簡単に美味しい料理が作れるレシピを中心に投稿している「リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ」さん。

ローソンとしてはおでんパックを宣伝したいと考えており、それに伴いリュウジさんはおでんパックを使った簡単レシピを紹介。

リュウジさんのレシピを見たフォロワーに対して、自分でもやってみたいと思わせることができ、売り上げアップに繋がりました。

自社商品の特性とインフルエンサーが持つ影響力が、上手くマッチした事例と言えるでしょう。

インフルエンサーマーケティングを実施する際の注意点

Carehul

インフルエンサーマーケティングを実施する際の注意点を解説していきます。

ステマにならないように必ずPR表記を付ける

インフルエンサーの影響力を活用して商品を紹介する場合、ステマ(ステルスマーケティング)には注意が必要です。

ステマ(ステルスマーケティング)とは、企業案件ということを伏せて自分が良い商品を見つけたようにして紹介する手法のことです。

法律で禁止されている訳ではありませんが、多くのユーザーがステマに抵抗感を持っているため炎上して企業ブランドのイメージが悪くなる可能性があります。

そのためにも、自社商品のレビューなどを依頼する場合には、必ずPR表記を付けるようにしましょう。

PR表記の方法は様々ですが#PR、#広告、提供:〇〇社などを投稿に記載するのが一般的です。

適切に商品や会社の認知を広げるためにも、PR表記を忘れずに記載しましょう。

フォロワーやコメントを購入しているインフルエンサーに注意する

インフルエンサーを起用する場合、基本的にはフォロワー数の多さやエンゲージメントの高さが広告効果に反映されます。

しかし、中にはフォロワーをお金で購入するフォロワー買いや、コメントを購入するコメント買いなどを行っているケースもあります。

すると、商品紹介を依頼したとしても、中身のないフォロワーばかりに情報が届くため、広告効果はほとんど得られません

そのため、インフルエンサーを探す場合はフォロワー数だけでなく、どんな人からフォローされていて、どんな人が良くコメントをしているのかも確認しましょう。

フォロワーの中身を調査することで、フォロワー買いをしているインフルエンサーを候補から排除できます。

誰に宣伝してもらうかは広告効果に直結するため、慎重に行うと良いでしょう。

インフルエンサーマーケティングまとめ

Marketing2

この記事では「インフルエンサーマーケティングの効果や企業の成功事例、失敗しないための注意点」などについて解説しました。

インフルエンサーの影響力を上手く活用できれば高いPR効果を得られます

しかし、炎上による企業ブランドのイメージダウンや、インフルエンサーの選定ミスにより、十分な効果が得られないといったケースもあります。

インフルエンサーのフォロワーの属性や影響力、自社商品の特徴やターゲット層などを事前にどれだけ調査できるかで成功するかどうか大きく分かれます。

そのため、インフルエンサーマーケティングを実施する際は、できるだけ慎重にインフルエンサーを選定するようにしましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ