TikTok広告とは?種類や費用、出し方や運用方法を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTok広告の種類や特徴、費用を知りたい
  • TikTokの広告アカウントの作成方法や決済方法を知りたい
  • TikTok広告の運用方法や依頼先を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに向けて「TikTok広告の種類や費用、広告アカウントの作成方法や運用方法」などについて解説していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ
目次

TikTok広告とは?

TikTok広告

TikTok広告とは、TikTokのアプリ上で掲載できる広告のことを指します

TikTok広告は、基本的にユーザーがアプリを起動した直後に表示されるものが多いです。

現在、世界中でインターネット広告による動画への広告出稿が増えてきている中、TikTokを新たな広告の出稿ツールとして検討する企業も増えています

TikTok広告を利用するメリット

TikTok広告を利用するメリットは、主に以下の通りです。

  • さまざまな種類の広告コンテンツを作成できる
  • 若年層や海外のユーザーにもリーチできる
  • フルアテンションのユーザが多い

TikTok広告には他のSNS媒体と異なり、様々なメリットがあります。

広告を出稿したいと考えている企業は、スムーズにTikTok広告を扱うことができるよう事前にメリットを理解しておくと良いでしょう

TikTok広告の種類や特徴、費用

種類や特徴、費用

ここでは、TikTok広告の種類や特徴、費用について解説していきます。

起動画面広告

起動画面広告とは、TikTokアプリを起動した直後に表示される広告のことを指します

起動画面広告の特徴

起動画面広告の特徴は、以下の通りです。

  • より多くのユーザーの目に入りやすい
  • 広告内にリンクを設置し、自社のHPに誘導できる
  • 静止画や動画など、自由な広告形態を選択できる

起動画面広告はその名の通り、TikTokアプリを立ち上げた直後(約3~5秒)に表示されるため、どの広告よりも多くのユーザーに見てもらうことができます

そのため、自社商品やサービスの認知度向上をはじめとするブランディングが目的の企業に最もおすすめの広告形態となっています

起動画面広告の費用

起動画面広告の費用は、1,000imp(インプレッション)につき770円と設定されています

そのため、500万円前後が料金相場となっています。

起動画面広告には1日につき1社という配信の制限があるため、他の広告よりもかなり高額です。

インフィード広告

インフィード広告とは、投稿欄の「おすすめ」に表示される動画広告のことを指します

インフィード広告の特徴

インフィード広告の特徴は、以下の通りです。

  • いいねやコメントなどのユーザーの反応が確認できる
  • 表示される時間が約5~15秒と他の広告より長い
  • TikTokのシェア機能によって拡散される可能性が高い

インフィード広告は投稿欄の「おすすめ」に表示されるため、いいねやコメントなどユーザーの投稿に対する直接的な反応を確認することができます

そのため、ユーザーの反応を直接確認しながら、自社商品やサービスをPRしていきたい企業に最もおすすめの広告形態となっています

インフィード広告の費用

インフィード広告は最低42万円ほどから出稿することが可能で、料金相場は50万円前後です

例えば、インフィード広告に50万円かけた場合は約60万のインプレッションを獲得できます。

他の広告よりも安い費用で高い効果が見込める、コスパの良い広告形態となっています

ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告とは、企業側がテーマに合わせてハッシュタグを作成し、そのハッシュタグを使用した動画をユーザが投稿するという参加型広告のことを指します

ハッシュタグチャレンジ広告の特徴

ハッシュタグチャレンジ広告の特徴は、以下の通りです。

  • ユーザー参加型のため他の広告よりも多くの拡散が見込める
  • 広告感を強めずに商品やサービスをPRできる
  • 企業とユーザーの一体感を体現したより良い投稿になる

ハッシュタグチャレンジ広告は、企業が作成したハッシュタグをユーザーが使用して投稿するという「ユーザー参加型」であるため、他の広告よりも高い拡散力が期待できます

そのため、拡散力の高さに重点をおきたい企業や、ユーザー参加型によって商品やサービスに対するファンを獲得したいと考えている企業に最もおすすめの広告形態となっています

ハッシュタグチャレンジ広告の費用

ハッシュタグチャレンジ広告の費用は、プランによって異なります。

最も安いベーシックプランで1,000万円から、最も高額のバトルプランで2,000万円まで幅広い料金設定となっています。

高額な費用がかかりますが、高い拡散力から商品やサービスの認知度向上、ファン獲得が期待できます。

広告ターゲティングの種類

広告ターゲティングの種類

広告ターゲティングの種類について、以下の表にまとめました。

ターゲティングの種類要素詳細
ユーザーの属性性別
  • 男性
  • 女性
年齢
  • 無制限
  • 13~17歳
  • 18-24歳
  • 25-34歳
  • 35-44歳
  • 45~54歳
  • 55歳以上
居住地域
  • 州または県
  • 市町村(インドのみ利用可能)
使用言語アプリの言語設定に基づく
興味や関心
  • 教育
  • 旅行
  • ファッション
  • スポーツ

など

端末に関する情報通信環境
  • 無制限
  • WiFi
  • 2G
  • 3G
  • 4G
OS
  • iOS
  • Android
キャリアユーザーの電話キャリアに基づく
デバイス情報
  • デバイスモデル
  • デバイス価格

以上のように、TikTokではユーザーの属性から端末情報まで、様々な指標でターゲティングを行うことができます

また、Webサイトの閲覧者などデータを基に、類似オーディエンスに関するターゲティングも行えます。

TikTok広告アカウントの作成方法

広告アカウントの作成方法

ここでは、TikTok広告アカウントの作成方法について解説していきます。

1. 広告アカウントの作成

まずは、広告アカウントの作成を行いましょう。

TikTok広告を配信する際はTikTokのアカウントやFacebookページなどは不要で、広告アカウントを作成するだけで配信することができます

広告アカウントの作成は「TikTok For Business」から行います。

TikTok For Businessのアカウント作成画面は、以下画像の通りです。

TikTokforbusiness

以上を入力し「アカウントを登録」ボタンをクリックすると、会社名や業界を入力する画面に移動します。

移動後の画面については、以下画像の通りです。

会社等の詳細情報入力画面

全ての情報を入力し、「登録」ボタンを押すと広告アカウントの作成は完了です

2. ビジネス情報の登録

続いて、ビジネス情報の登録を行いましょう。

ビジネス情報の登録に必要な情報は、以下の通りです。

  • プロモーションサービスURLまたは会社URL
  • 会社の住所
  • 決済するクレジットカード情報

ここまで全ての情報を入力すると、アカウントの審査に入ります。

アカウントの審査には、最低でも約1営業日はかかるため気をつけましょう

TikTok広告の入札方式

入札方式

ここでは、TikTok広告の入札方式について解説していきます。

インプレッション課金方式(CPM)

インプレッション課金方式(CPM)とは、広告の表示回数1,000回あたりのコストで入札を行う方式です

インプレッション課金方式の情報について、以下の表にまとめました。

入札方式インプレッション課金方式(CPM)
計算方法合計コスト÷インプレッション数×1,000
課金のポイントインプレッション発生ごと
適用可能な広告配信の目的リーチ

最適化インプレッション課金方式(oCPM)

最適化インプレッション課金方式(oCPM)とは、広告の表示回数1,000回あたりのコストで入札を行う方式です

インプレッション課金方式と少し似ている点があるため、注意しましょう

最適化インプレッション課金方式の情報について、以下の表にまとめました。

入札方式最適化インプレッション課金方式(oCPM)
計算方法合計コスト÷合計インプレッション数×1,000
課金のポイントインプレッション発生ごと
適用可能な広告配信の目的
  • コンバージョン
  • アプリのインストール

再生課金方式(CPV)

再生課金方式(CPV)とは、2秒または6秒の動画の再生数1,000回あたりのコストで入札を行う方式です

再生課金方式の情報について、以下の表にまとめました。

入札方式再生課金方式(CPV)
計算方法合計コスト÷視聴回数×1,000
課金のポイント2秒/6秒/最後まで視聴ごと
適用可能な広告配信の目的動画の視聴数

クリック課金方式(CPC)

クリック課金方式(CPC)とは、1クリックあたりの広告単価を入札する方式です

クリック課金方式の情報について、以下の表にまとめました。

入札方式クリック課金方式(CPC)
計算方法合計コスト÷クリック件数
課金のポイントクリック1件ごと
適用可能な広告配信の目的
  • トラフィック
  • コンバージョン
  • アプリのインストール

TikTok広告費用の決済方法

決済方法

ここでは、TikTok広告費用の決済方法について解説していきます。

手動決済

手動決済では、広告の配信前に費用を前払いします

手動決済では、以下の3種類が利用できます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • PayPal(ペイパル)

広告を入札するたびに決済の処理が必要で少し面倒な場合は、他の決済方法を選ぶと良いでしょう

自動決済

自動決済では、一定以上の金額の広告を配信すると、登録していたカードから自動で決済が行われます

自動決済では、以下の2種類が利用できます。

  • クレジットカード
  • デビットカード

自動で決済が行われるため、楽に決済を済ませたい人におすすめの方法となっています

TikTok広告を成功させるための重要ポイント

成功のための重要ポイント

ここでは、TikTok広告を成功させるための重要ポイントを解説していきます。

クリエイティブの画面サイズ

TikTok広告を成功させるためには、クリエイティブの画面サイズが重要です。

TikTokを閲覧する際に最も多く用いられるデバイスは、ほとんどが縦型クリエイティブ(9:16)のスマートフォンです

また、横型と比較して縦型クリエイティブの方が広告の認知やユーザーの購買意欲に良い影響を与えていることが確認されています。

そのため、クリエティブの画面サイズはスマートフォンに合わせた9:16の縦型クリエイティブを利用しましょう

動画開始から1秒~2秒間のインパクト

TikTok広告を成功させるためには、動画開始から1秒~2秒間のインパクトが重要です。

TikTokユーザーは、動画広告の開始1秒~2秒で動画を続きや最後まで視聴するか判断しています

そのため、PRしたい内容とともに動画を最後まで視聴してもらうには、動画開始後のインパクトが非常に重要となってくるのです。

動画広告を作成する際は、動画の冒頭に注力した方が良いことを意識しておきましょう

インフルエンサーの起用

TikTok広告を成功させるためには、インフルエンサーを起用することも重要です。

TikTokには、フォロワー数を多く抱え、強い影響力を持ったTikTokインフルエンサーが存在します。

インフルエンサーを活用することにより、そのファンを中心により多くの人にリーチすることができます

強い拡散力や認知度の向上を目指している企業は、インフルエンサーの起用を考えてみても良いでしょう

TikTok広告を外注する際の注意点

外注する際の注意点

ここでは、TikTok広告を外注する際の注意点を解説していきます。

実績があって評判の良い業者を選ぶ

TikTok広告を外注する際は、実績があって評判の良い業者を選ぶようにしましょう。

実績を確認する際は、過去の取引業社の数だけでなく、企業の売上向上にどれだけ貢献したかを表す運用実績についても確認すると良いです

具体的な支援先や実施した施策などが細かく公開されている信頼性の高い業者に依頼することが重要です。

メール対応や問い合わせへのレスポンスが早い業者を選ぶ

TikTok広告を外注する際は、メール対応や問い合わせへのレスポンスが早い業者を選ぶようにしましょう。

業者に依頼して契約が完了した後は、メールやチャットでやり取りを行う機会が大幅に増えます。

広告作成の進捗で不安が生じてしまわないように、業者のメール対応や問い合わせへのレスポンスの早さは重要視した方が良いです

基礎知識や料金相場を頭に入れておく

TikTok広告を外注する際は、基礎知識や料金相場を頭に入れておくようにしましょう。

その業者が、TikTok広告のノウハウやアルゴリズムなどの基礎知識を持っているかチェックすることで、作業に対して安心感を持てるようになります

また、料金相場を頭に入れておくことで、法外の料金を請求してくるような悪質業者に出会うこともないでしょう。

TikTok広告の制作&運用を依頼するのにおすすめの会社3選

おすすめの会社

ここでは、TikTok広告の制作&運用を依頼するのにおすすめの会社3選を紹介していきます。

studio15株式会社

studio15

出典:https://studio15.co.jp/

studio15株式会社は、TikTok広告に特化した事業を展開しています。

現役のTikTokerを数多くプロデュースしていることから、クオリティの高い映像や音楽、ダンスを駆使した広告を制作&運用してもらえると注目されています

現在のTikTokのヘビーユーザーである若年層の目線に立った広告制作を得意としているため、流行を取り入れた広告で拡散力のアップを図りたい場合に最もおすすめです

株式会社グラッドキューブ

グラッドキューブ

出典:https://www.glad-cube.com/

株式会社グラッドキューブは、Web広告全般を得意とし、費用対効果の高い運用を強みとしている会社です。

特に、GoogleやYahoo!の広告運用では数多くの実績を保有しており、非常に信頼性の高い会社であると注目されています

また、クオリティの高い動画広告の制作にも力を入れており、トレンドを組み込んだオリジナリティのある広告制作を行ってもらえることも大きな特徴です

株式会社カルテットコミュニケーションズ

カルテットコミュニケーションズ

出典:https://quartet-communications.com/

株式会社カルテットコミュニケーションズは、TikTokをはじめ、様々なSNS媒体の広告制作や運用を得意としている会社です。

また、他よりもリーズナブルな価格でTikTok広告の制作や運用を依頼できることも大きな強みです

とにかく料金の安い会社にTikTok広告の制作や運用を依頼したい場合は、最もおすすめです

TikTok広告の種類や費用、運用方法まとめ

TikTok広告の運用方法まとめ

今回は「TikTok広告の種類や費用、広告アカウントの作成方法や運用方法」などについて解説しました。

TikTok広告には、起動画面広告をはじめ複数の種類が存在し、それぞれの広告によって特徴や費用は異なります。

広告の種類や特徴を理解し、それに合った方法でTikTok広告を運用していきましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ