TikTokのビジネス(企業)アカウントとは?メリットやデメリット、作成方法や企業の活用事例を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokのビジネスのメリットやデメリットを知りたい
  • TikTokのビジネスアカウントの作成方法が知りたい
  • TikTokのビジネスアカウントの活用事例が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに「TikTokのビジネスアカウントのメリットやデメリット、ビジネスアカウントの作成手順や活用事例」などを紹介します。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ

TikTokのビジネスアカウントとは?

TikTok企業アカウント

TikTokのビジネスアカウントとは、TikTokを本格的に運用したい人や企業向けに作られたTikTokアカウントのことを言います。

ビジネスアカウントを利用すれば、通常の個人アカウントではできないような様々な機能を利用することが可能になります。

なお、ビジネスアカウントは法人だけではなく一般の個人ユーザーでも無料で作成することが可能です。

TikTokのビジネスアカウントのメリット

TikTok企業アカウントメリット

TikTokのビジネスアカウントを利用するメリットを紹介します。

投稿動画のパフォーマンスを分析できる

TikTokのビジネスアカウントでは、投稿動画のパフォーマンスを分析することができます

ビジネスアカウントには、投稿した動画の合計再生時間や平均視聴時間などをリアルタイムで表示できる機能が搭載されています

この機能を利用することで、自分の投稿の中でも特に人気の動画をピックアップして分析したり、逆に人気のない動画を分析して内容を改善したりすることが可能になります。

本格的にTikTokアカウントを運用していきたいと考えているのであれば、投稿動画の分析は必須になるため、必ずビジネスアカウントを利用するようにしましょう。

インサイト分析が可能になる

TikTokのビジネスアカウントでは、アカウントのインサイト分析をすることができます

ビジネスアカウントには、インサイトという視聴者の属性や、投稿が視聴されている時間帯などを分析できる機能が搭載されています。

この機能を利用することで、自分のターゲット層や投稿が視聴されやすい時間帯を明確にしたうえで発信活動をすることが可能になります。

インサイト分析をもとに具体的な動画内容やターゲットを決めることで、新しい動画の作成に活かすことができます。

プロフィールにビジネスに関する情報を追加できる

TikTokのビジネスアカウントでは、プロフィールにビジネスに関する情報を追加することができます

動画に興味を持った視聴者は投稿者のプロフィールを見る可能性が高いです

プロフィールにビジネス情報を載せておけば、プロフィールを訪問してくれたユーザーに届けたい情報を認知してもらうことが可能です。

なお、ビジネスアカウントにしておけば、プロフィール欄にECサイトやHPにアクセス可能なURL(リンク)を貼ることもできます

商用楽曲ライブラリーの利用が可能になる

TikTokのビジネスアカウントを利用すれば、商用楽曲ライブラリーにある曲を自由に使用することが可能になります。

個人アカウントでTikTokの楽曲を商用利用する場合は、自分たちでライセンスを取得する必要があります

しかし、ビジネスアカウントにすればTikTokの商用楽曲ライブラリー内の楽曲を自由に使えるため、いちいちライセンスを取得する必要がありません。

そのため、TikTokを商用利用したいと考えている場合は、一般アカウントではなくビジネスアカウントを利用するようにしましょう。

動画のトレンドをいち早く把握できる

TikTokのビジネスアカウントを利用することで、動画のトレンドをいち早く把握することができます

ビジネスアカウントには「動画ショーケース」という機能があり、企業やクリエイターの人気のコンテンツを閲覧することが可能です。

この機能を使うことで、バズりそうな動画やトレンドになりそうな動画をいち早く掴むことができます

そのため、TikTokでトレンドをいち早く掴みたいと考えている場合は、すぐにビジネスアカウントに切り替えましょう。

TikTokのビジネスアカウントのデメリット

TikTok企業アカウントデメリット

TikTokのビジネスアカウントのデメリットを紹介します。

商用ライセンス未取得の楽曲は使用できない

TikTokのビジネスアカウントを利用しても、商用ライセンス未取得の楽曲は使用できません

流行りの楽曲であるにも関わらず、その楽曲が商用ライセンス未取得であるといったケースはよくあります

ライセンス未取得の楽曲はビジネスアカウントでは使えないため注意が必要です。

炎上リスクがある

TikTokは拡散力が高く影響力の大きいSNSであるため、1つの投稿がきっかけで炎上が起こってしまう可能性が大いにあります

一度でも炎上が起こってしまうと、企業ブランドや商品イメージが悪くなって、売上が大幅に下がってしまうことも考えられます

そのため、TikTokアカウントを運用する際には、細心の注意を払う必要があります。

TikTokのビジネスアカウントの作成方法/切り替え方法

TikTok企業アカウント

TikTokのビジネスアカウントを作成する方法を解説します。

まずTikTokのアカウント登録を行う

TikTokの登録画面

アカウントを新規作成する場合は、電話番号とメールアドレス、もしくは連携アカウントを入力してTikTokのアカウント登録しましょう。

※既存のアカウントをビジネスアカウントに切り替えたい場合、アカウントの新規登録は不要です。

プロフィールからアカウント管理をタップする

プロフィール画面右上にある「≡(設定とプライバシー)」をタップします。

設定とプライバシーをタップ

「設定とプライバシー」から「アカウント管理」をタップします。

アカウント管理をタップ

アカウント管理からビジネスアカウントに切り替える

ビジネスアカウントに切り替えるをタップ

アカウント管理から「ビジネスアカウントに切り替える」をタップします。

カゴテリーを選択する

次へをタップ

切り替えを行うとビジネスアカウントの説明が出てくるため、確認した後「次へ」をタップします。

次へで完了

次にカテゴリーを選択する画面が出てきます。

自社商材に合致したカテゴリを選択しましょう。

選択が完了したら、一般アカウントからビジネスアカウントへの切り替えは完了です。

企業がTikTokのビジネスアカウントを活用する際のポイント

TikTok企業アカウントポイント

TikTokのビジネスアカウントを活用する際のポイントを紹介します。

ユーザーを巻き込むキャンペーンやコンテンツを作成する

企業がTikTokアカウントを活用する際には、ユーザーを巻き込むようなコンテンツを作成することが大事です。

例えば「ハッシュタグチャレンジ」でよく使われるようなキャッチーなダンス動画は、誰でも簡単に真似しやすく盛り上がりやすいため、たくさんのユーザーに拡散されやすいです。

投稿が拡散されれば一気にユーザーの認知を獲得できるため、いいね数やシェア数、フォロワー数などが大幅にアップします。

そうすれば、自社商品やサービスの知名度UPも期待できるため、ユーザーを巻き込んでみんなで盛り上がれるようなコンテンツを作るようにしましょう。

ターゲット層に合った動画の投稿を行う

企業がTikTokアカウントを活用する際には、ターゲット層に合った動画の投稿を行うことが重要です。

例えば、TikTokのメインユーザーである10代〜20代前半の層をターゲットにするのであれば、真似しやすいダンス動画やぼーっと楽しめるあるあるネタなどが拡散されやすいです。

それに対して、30代以上の男性をターゲットにするのであれば、グルメやキャンプ動画などの趣味的なコンテンツのほうがウケやすい傾向があります

このように、ターゲット層に合わせた動画を投稿していくことで、より大きな効果を期待することが可能になります。

TikTokのアカウント運用で成果を出したい場合は、必ずユーザーのターゲット層に合った動画の投稿をするようにしましょう。

クオリティの高い動画を高頻度で投稿する

企業がTikTokのアカウントを運用する場合は、クオリティの高い動画を高頻度で投稿すること大切です。

TikTok運用で成果を上げるためには、新規ユーザーの獲得が必須になります。

ユーザーが高確率で反応するようなクオリティの高い動画を投稿できれば、おすすめ欄に投稿が表示される確率が高くなります

おすすめ欄に投稿が表示されれば一気に動画が拡散するため、新規のフォロワー数は大幅に増加します。

また、PDCAサイクルを高速で回すためにも高頻度で投稿を行うようにしましょう。

TikTokのビジネスアカウントの活用事例5選

TikTok企業アカウント活用事例

TikTokのビジネスアカウントを活用した事例を紹介します。

コカ・コーラ

コカ・コーラでは、TikTokのハッシュタグチャレンジを活用した「#リボンでありがとう」というキャンペーンを実施しました

自社商品のコカ・コーラのペットボトルのラベルを使ってハッシュタグチャレンジの宣伝を行い、ハッシュタグを付けて投稿すると賞品がもらえるチャンスがあるというキャンペーンでした。

賞品はQUOカードがもらえるか渋谷の屋外ビジョンで投稿が放映されるという豪華な特典が用意することで、大きな話題を集めて商品の購入に繋げることができました

UQモバイル

UQモバイルでは、TikTokのハッシュタグチャレンジを活用した「#UQ三姉妹チャレンジ」というキャンペーンを実施しました

当時、テレビのCMやYouTubeの広告で放映されていた楽曲「UFO」のダンスをユーザーに真似させるキャンペーンでした。

馴染みの楽曲を使用することで多くのユーザーが参加しやすかったため、ダンス投稿が幅広い世代で話題となり、サービスの購入に繋げることができました

ローソン

ローソンでは、TikTokのハッシュタグチャレンジを活用した「#いつでもLチキチャレンジ」というキャンペーンを実施しました

人気商品「Lチキ」のオリジナル楽曲がTikTokに提供され、楽曲に合わせて指をLにして踊る動画の投稿をするシンプルなキャンペーンでした。

女子高生を中心とした若者の間で振り付けが可愛いと話題になり、動画を撮るための材料や動画の話題として商品の購入に繋げることができました

AbemaTV

AbemaTVは、TikTokのハッシュタグチャレンジを活用した「#今日好きダンス」というキャンペーンを実施しました

AbemaTVの番組である「今日、好きになりました。」の出演者がダンス投稿を行い、番組視聴者がそれを派生させて「#今日好きダンス」を投稿するユーザー参加型のキャンペーンでした。

若者の中で「今日好きダンス」が話題となり、番組を知らなかったユーザーの番組への関心を高めることで、新たな視聴者の獲得に繋げることができました

PayPay

PayPay株式会社は、TikTokのハッシュタグチャレンジを活用した「#ペイペイちゃうやん選手権」というキャンペーンを実施しました

本家に宮川大輔さんがポップな音楽に合わせてダンスを踊ったりツッコミを入れたりしているおもしろ動画があり、キャンペーンとしてはその音楽やツッコミに合わせたオリジナルの投稿を行うものでした。

川大輔さんの影響によって多くの芸能人がキャンペーンに参加することで大きな話題となり、PayPayというサービスの宣伝に繋げることができました

TikTokのビジネスアカウントまとめ

TikTok企業アカウント

ここまで「TikTokのビジネスアカウントのメリットやデメリット、ビジネスアカウントの作成手順や活用事例」などを紹介してきました。

最近では動画の広告やPRを活用したマーケティングが増えてきており、TikTokを活用し始める企業も増えています。

これからTikTokのような動画プラットフォームの需要は高まっていき、今後もTikTokは有効な動画広告媒体となると考えられます

ビジネスアカウントを使うことで、自分たちの目的に合わせたTikTokの活用方法を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ