TikTok For Businessとは?運用型広告のやり方やアカウントの開設方法、機能の設定方法を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTok For Businessとは何か知りたい
  • TikTok For Businessのアカウント開設方法/詳細設定が知りたい
  • TikTok For Businessを利用するメリットを知りたい

この記事では、そんなあなたに向けて「TikTok For Businessとは何かやアカウント開設方法、詳細設定のやり方や利用するメリット」などについて解説していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ

TikTok For Businessとは?

TikTok For Businessとは

TikTok For Businessとは、誰でも広告アカウントを開設しTikTok運用型広告を出稿できるプラットフォームのことを指します

以前までは、広告代理店などに広告作成を外注しないとTikTok運用型広告は出稿できませんでした。

しかし、TikTok For Businessが生まれたことにより、個人や企業などを問わず誰でも広告の出稿が可能になりました。

TikTok For Businessに対応する広告形態

TikTok For Businessに対応する広告形態について、以下の表にまとめました。

広告形態特徴(概要)
起動画面広告TikTokアプリを起動した直後に1回のみ表示される
インフィード広告TikTokアプリ内の「おすすめ」に表示される
ハッシュタグチャレンジ広告企業側がテーマに合わせてハッシュタグを作成し、そのハッシュタグを使用した動画をユーザが投稿する
Brand Takeover広告
  • 起動画面広告
  • インフィード広告
  • ハッシュタグチャレンジ広告

以上の3つを合わせた広告形態のことを指す

TikTok For Businessを利用するメリット

利用するメリット

ここでは、TikTok For Businessを利用するメリットを解説していきます。

広告の配信方法を3種類から選べる

TikTok For Businessでは、広告の配信方法を3種類から選ぶことができます。

TikTok For Businessによる3種類の広告配信方法は、以下の通りです。

  • TikTokアプリ内の通常投稿
  • キュレーションAPP
  • Pangle(世界中の多様なアプリに広告を配信できるプラットフォーム)

広告配信の目的に応じて配信の方法を柔軟に変更することができるため便利です

他のツールよりも簡単に広告を作成できる

TikTok For Businessを利用すれば、他のツールよりも簡単に広告を作成できます。

YouTubeやInstagramなど他の媒体で配信する広告は、動画制作に詳しい人でないとなかなか高クオリティの動画を作成するのが困難です。

しかし、TikTok For Busnessでは事前にテンプレートや音源が用意されているため、他のツールよりも簡単に動画広告を作成することが可能です

細かい指標から広告ターゲティングを行える

TikTok For Businessでは、細かい指標から広告ターゲティングを行うことができます。

TikTok広告のターゲティングにおける重要指標には、以下のようなものがあります。

  • 性別/年齢
  • ユーザーの興味や関心
  • デバイスの設定
  • 通信環境

細かい指標でユーザーを分析して広告ターゲティングを行うことにより、自社の商品やサービスのさらなる認知拡大が見込めます

料金設定が複数用意されている

TikTok For Businessでは、料金設定が複数用意されています。

用意されている料金設定は、以下の通りです。

  • CPC(クリック課金)
  • CPM(インプレッション課金)
  • CPV(ビュー課金)
  • oCPC(最適化クリック課金)

広告を出稿する目的やターゲットに合わせて、最適な料金設定を選ぶようにしましょう

TikTok For Businessの基本情報

基本情報

ここでは、TikTok For Businessの基本情報について解説していきます。

アカウントの構造

TikTok For Businessのアカウント構造について、以下の表にまとめました。

アカウント構造詳細項目
キャンペーン
  • 目的
  • キャンペーンの予算
広告セット
  • プレースメント
  • プロモーションの目的
  • プロフィール画像
  • 広告主名
  • カテゴリ
  • 表示タグ
  • 配信のスケジュール/配信方法
  • 広告セットの予算
  • 入札価格
  • 課金形式
広告
  • 動画
  • テキスト
  • 誘導アクション

TikTok For Businessのアカウントは、他のSNSと同じように、アカウント>キャンペーン>広告セット>広告という構造になっています。

アカウントごとに機械学習が行われるため、1つの商品やサービスにつき1アカウントを使用するのがおすすめです

ピクセル(タグ)やイベントの設定

まず、ピクセル(タグ)については基本的にどんな場合でもWebサイト全体に設置します。

ピクセルを測定するために必要となってくるのが、イベントの設定です

イベントとは、ピクセルの起点となるタグのことを指します。

イベント設定には、主に以下のようなものがあります。

  • eコマースサービス
  • フォーム入力
  • 電話の問い合わせ
  • ランディングページ
  • カスタム

自社商品のPR目的などに合わせて、最適のイベント設定を選ぶようにしましょう

課金形態

課金形態について、以下の表にまとめました。

課金形態特徴
CPC(クリック課金型)1回クリックするごとに課金する
CPM(インプレッション課金型)広告が1,000回表示されるごとに課金する
CPV(ビュー課金型)動画が6秒間再生されるごとに課金する
oCPC(最適化クリック課金型)目標CPAに応じて課金する

実際に広告を出稿する手順

実際に広告を出稿する手順は、以下の通りです。

  • 広告アカウントを開設する
  • 広告主審査を受ける
  • 支払い情報を登録する
  • ピクセル(タグ)を設置する
  • イベント/オーディエンス設定を行う
  • キャンペーン/広告セット/広告の作成
  • 広告自体の審査を受ける
  • 実際に広告の配信が開始する

特にピクセル(タグ)の設置やイベント設定は、広告の出稿を効率よくするために重要なため頭に入れておくと良いでしょう

TikTok For Businessのアカウント開設方法

アカウント開設方法

ここでは、TikTok For Businessのアカウント開設方法について解説していきます。

1. アカウント情報を入力する

まずは、アカウント情報を入力しましょう。

TikTok For BusinessのWebサイトにアクセスし、「今すぐ開始す」ボタンを押します。

すると、以下画像の通り、メールアドレスやパスワードを入力するページに移動します。

TikTok for Business

必要項目を入力して「認証コードを送る」をクリックすると入力したメールアドレスに認証コードが届くため、それをコピペして「アカウントの登録」ボタンを押しましょ

「アカウントの登録」ボタンを押すと、会社名や業界など基本情報を入力するページに移動します。

基本情報を入力するページについては、以下画像の通りです。

アカウント作成方法

 

会社名や業界など、全ての情報が入力できたら「登録」ボタンを押します。

「国/地域」「アカウントのタイムゾーン」「アカウントの通貨」は一度登録したら変更することができないため気をつけましょう

以上で、アカウント情報の入力、並びに広告アカウントの登録は完了です。

2. ビジネス情報を入力する

続いて、ビジネス情報を入力しましょう。

最初に、以下画像にある「プロモーションサービスURL/会社URL」を入力します。

プロモーションサービスのURL

プロモーションURL/会社URLに関して、広告の遷移先を登録するわけではないため注意してください

次に、請求書情報を入力します。

請求書情報の入力画面については、以下画像の通りです。

請求書情報の登録

住所は、請求書(あるいは領収書)に印字されて良いものを入力してください。

また、課税情報に関して、日本の方は入力する必要がないため頭に入れておきましょう

支払いタイプまで全ての項目を入力したら、ビジネス情報の登録は完了です。

3. お支払い情報を登録する

最後に、お支払い情報を登録しましょう。

TikTok For Businessの支払いタイプは、主に2種類があります。

2種類の支払いタイプについて、以下の表にまとめました。

支払いタイプ特徴使える媒体
自動決済一定量配信すると、自動で決済される
  • クレジットカード
  • デビットカード
手動決済配信前に任意の金額が決済される
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • PayPal

どちらの決済方法においても、カード情報の登録は必須となります。

カード情報の登録を行うには、まずお支払い方法の管理にある「新しいお支払い方法を追加」ボタンをクリックします。

支払い情報の追加

続いて、自動決済の場合はカード情報を、手動決済の場合はカード情報もしくはPayPalを選択します

選択画面については、以下画像の通りです。

カードかペイパル選ぶ画面

自分が登録したいお支払い方法を選択し、カード情報の入力もしくはPayPalへのリダイレクトを行いましょう

以上で、アカウント情報の入力からお支払い情報の登録まで、TikTok For Businessのアカウント開設が全て完了します。

TikTok For Business内の詳細設定

詳細設定

ここでは、TikTok For Business内の詳細設定を紹介していきます。

広告の目標

広告の目標設定を行います。

まず、マイページ上部にある広告を選択し、「作成」ボタンをクリックします。

作成ボタンをクリックすると、広告の目標選択のページに移動します

広告の目標選択のページについては、以下画像の通りです。

広告の目標選択

広告を作成する意図に合わせた目標を選択し、その他の設定を進めていくようにします

イベント

イベントの設定を行います。

TikTok広告ではイベント設定が他の起点となる重要な設定であるため、忘れずに設定を行いましょう

イベント設定の画面については、以下の通りです。

イベント設定

URLイベントもしくはクリックイベント、自社が出稿したい広告の形態などに合う方のイベントタイプを選択するようにしましょう

イベントタイプを選択したら価格や通貨、集計方法といった詳細設定を行い、イベント設定は完了です。

オーディエンス

オーディエンスの設定を行います。

まず、マイページ上部にあるアセットから「オーディエンス」を選択します。

オーディエンスを選択したら、カスタムオーディエンス/類似オーディエンスのどちらかを選びます。

初めてTikTok For Businessを利用する方は、カスタムオーディエンスを選択すれば間違いないです

カスタムオーディエンスを選択すると、以下画像のページが表示されます。

オーディエンス設定

5種類のオーディエンスタイプから自分の目的や希望に合ったタイプを選択し、データ蓄積日数を入力すればオーディエンス設定は完了となります

キャンペーン

キャンペーンの作成を行います。

広告の目標を選択した後に、キャンペーンの設定ページへ移動することができます

キャンペーンの設定ページについては、以下の画像の通りです。

キャンペーン設定

キャンペーン名や予算など、全ての情報を入力したらキャンペーンの作成は完了です

ピクセル(タグ)

ピクセル(タグ)の設置を行います。

まず、マイページ上部にあるアセットから「イベント」を選択します。

イベントを選択すると、以下画像のページに移動します。

ピクセルの設定

2つの中から「ウェブイベント」を選択すると、ピクセルの作成画面に移動します。

ピクセルの作成画面については、以下画像の通りです。

ピクセルの作成画面

TikTok Pixelをダウンロードしていない方はダウンロードし、「ピクセルの作成」ボタンをクリックします

「ピクセルの作成」ボタンをクリックすると、ピクセルの基本情報を入力する画面に移動します。

ピクセルの基本情報を入力する画面については、以下画像の通りです。

ピクセルの基本情報

ここでは、ピクセルの名前(後で変更も可能)を入力し、「手動で実装」「パートナープラットフォームを使用して実装」のどちらかから自分に合った方法を選択し、ピクセルの設置を進めます。

以上で、ピクセル(タグ)の設置の流れは完了です。

予算

広告セットの予算設定を行います。

広告セットの予算設定ページについては、以下の通りです。

予算設定

予算設定には、以下の入力項目があります。

  • 予算(1日あたり/通算)
  • スケジュール(広告配信開始日/終了日)
  • 掲載のスケジュール(時間帯)

設置されている入力項目について全て入力したら、広告セットの予算設定は完了です

TikTok For Businessに関してよくある質問

お問い合わせ

ここでは、TikTok For Businessに関してよくある質問に対して回答していきます。

TikTok For Businessの利用にはどんな企業が向いている?

TikTok For Businessの利用は、コスメやアパレル、教育や金融など幅広い分野の企業に向いています

TikTokのユーザーは若年層が中心であることに間違いありませんが、情報量が多いことから最近ではじわじわと高齢層の利用も目立ってきています。

そのため、若年層に響きやすい分野だけでなく、高齢者までを対象としている幅広い分野の企業がTikTok For Businessを利用するようになってきています

TikTokに広告関連の質問を行いたい場合にも使える?

TikTok For Businessは、TikTokに広告関連の質問を行いたい場合にも使えます

TikTok For Businessの公式HPには、「お問い合わせ」というボタンが設定されています。

お問い合わせボタンを押すとフォームに移動し、そこに広告関連の質問を入力して送信すれば、返事が来るようになっているため安心です

TikTok For Businessの設定方法やメリットまとめ

設定方法やメリットまとめ

今回は「TikTok For Businessとは何かやアカウント開設方法、詳細設定のやり方や利用するメリット」などについて解説しました。

TikTok For Businessには、広告の配信方法が3種類から選択できたり、より細かい指標から広告ターゲティングを行うことができるというメリットがあります

TikTokに運用型広告を出稿しようと考えている方は、アカウントの開設方法や詳細設定の方法をきちんと把握した上でTikTok For Businessを積極的に活用しましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ