TikTokでバズる方法10選!バズらない原因やバズった企業やアカウント事例を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokでバズる方法が知りたい
  • 実際にバズることに成功した企業やTikTokerの事例が知りたい
  • TikTokでバズらない原因が知りたい

この記事では、そんなあなたに向けて「TikTokでバズる方法とは何か、そして実際に成功した企業やTikTokerの事例、バズらない原因」について解説していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ

TikTokにおいてバズるとは?

TikTokでバズるとは

TikTokにおいてバズるとは、投稿がおすすめ表示されることを指します

TikTokで投稿がおすすめ表示に載ると、閲覧数が急激に伸びる傾向にあります。

また、TikTokでバズった場合、自分が運営する他のSNSにも多くのいいねや拡散が来る可能性が高く好影響がもたらされます

TikTokでバズりたいなら、まずは投稿がおすすめ表示に載ることを目指して動画作成を行っていきましょう

TikTokでバズることのメリット

TIkTokでバズるメリット

ここでは、TikTokでバズることのメリットについて解説していきます。

平均いいね数や再生数が増える

TikTokでバズれば、平均いいね数や再生数が増えます。

バズった投稿のいいね数や再生数は、更新する度に数百単位で増えていくこともあります

平均いいね数や再生数が増えれば投稿に対するコメントも多く届くようになり、TikTokライフが明るくなること間違いなしです

有名になれる可能性が高まる

TikTokでバズれば、有名になれる可能性が高まります。

投稿がバズって平均いいね数や再生数が増えることで、フォロワー数やシェア数が増加します

バズることにより、大手から企業案件の依頼が来たり、有名インフルエンサーとのコラボが実現できたりするため、有名になりたい人にとって投稿がバズることは非常に重要です

商品やサービスの認知度が向上する

TikTokでバズれば、商品やサービスの認知度が向上します。

TikTokの投稿は他のSNSに比べて動画が中心であるため、一度に伝えられる情報量が多く、商品やサービスの認知度を向上させやすいという特徴があります。

訴求力が高く視聴者の頭に残りやすいTikTokは、商品やサービスの認知度を向上させたい企業が積極的に用いるべき媒体となっています。

TikTokでバズる方法おすすめ10選

TikTokでバズる方法おすすめ10選

ここでは、TikTokでバズる方法おすすめ10選を紹介していきます。

投稿をおすすめ表示させる

TikTokでバズるには、投稿をおすすめ表示させましょう。

投稿がおすすめ表示されれば、より多くのユーザーから注目を浴びることができ、バズる可能性が非常に高いです

他よりも工夫した投稿を心がけて、投稿がおすすめ表示されるように努力することが大切です。

TikTokのアルゴリズムに沿った投稿を心がける

TikTokでバズるには、アルゴリズムに沿った投稿を心がけましょう。

TikTokのアルゴリズムで重要となる指標は、以下の通りです。

  • いいね数
  • コメント数
  • シェア数
  • 再生回数(再生維持率)

TikTok運営は上記の指標の数値をもとに投稿の質を判断しているため、これらの指標で高い数値が見込める投稿を行うことがバズるための秘訣であると言えます

他のSNSと連携する

TikTokでバズるには、他のSNSと連携することも心がけましょう。

TikTokでは、アップした投稿のリンクをコピーして他のSNSで共有することができます

最初に投稿した動画がバズらなくても、先に他のSNSでバズってからTikTokでバズる可能性もあります

そのため、他のSNSと連携しながら動画投稿を行っていくことも非常に重要です。

トレンドに沿ったハッシュタグを活用する

TikTokでバズるには、トレンドに沿ったハッシュタグを活用しましょう。

ハッシュタグは多くの人に動画を視聴してもらうためのきっかけとなります

トレンドに合うハッシュタグを用いることにより、投稿が多くの人の検索意図に引っかかる可能性が高まるのです

バズりやすいジャンルのコンテンツを投稿する

TikTokでバズるには、バズりやすいジャンルのコンテンツを投稿しましょう。

TikTokでバズりやすいジャンルは以下の通りです。

  • おすすめ/ランキング系
  • ためになる雑学/知識系
  • ネタやおもしろ系
  • ビジュアル/スタイル強調系
  • 生き物が出演する癒し系

TikTokを始めたばかりの人は、まずはバズりやすいジャンルのコンテンツを作成してみると良いでしょう

毎日投稿を心がける

TikTokでバズるには、毎日投稿を心がけることが重要です。

TikTok動画は最も短いもので15秒と、手軽に動画を作成することができます。

毎日投稿を行うことで毎日動画の更新を楽しみにしてくれるユーザーが増加し、それによって平均いいね数や再生数、フォロワー数も増加していく可能性が高まります。

コンテンツの投稿時間を統一する

TikTokでバズるには、コンテンツの投稿時間を統一しましょう。

TikTokユーザーは多くが学生や社会人で構成されており、平日のスケジュールは固定化されている場合が多いです。

そのため、TikTokを視聴する時間も固定化されている可能性が高いです。

投稿時間を固定することで、前の動画に反応してくれたユーザーがまた反応してくれる可能性も高まるため、できるだけコンテンツの投稿時間は統一しましょう。

投稿に流行っている楽曲を使用する

TikTokでバズるには、投稿に流行っている楽曲を使用しましょう。

TikTokのトレンドにおいて、流行っている楽曲に合わせた投稿は非常に重要です。

流行っている楽曲を使用することで、動画の内容をユーザーに覚えてもらいやすくなります。

フォロワーと積極的にコミュニケーションを取る

TikTokでバズるには、フォロワーと積極的にコミュニケーションを取りましょう。

TikTokでは、動画を視聴したユーザーが気軽にコメントできる機能があります。

コメントに対してきちんと返信したりいいねを付けたりといったように、視聴者と積極的にコミュニケーションを取ることで、フォロワーやその他のユーザーの信頼を獲得しやすくなります。

おすすめ表示を頻繁に見てトレンドをチェックする

TikTokでバズるには、おすすめ表示を頻繁に見てトレンドをチェックしましょう。

TikTokのユーザーは若年層が中心なため、トレンドは頻繁に変わる傾向があります

おすすめ表示を頻繁に見て、最新のトレンドに追いていかれないようにしましょう。

TikTokでバズることに成功した企業事例

TikTokでバズることに成功した企業事例

ここでは、TikTokでバズることに成功した企業事例を紹介していきます。

ドミノピザ

ドミノピザは、有名インフルエンサーとのコラボ動画を実施することでバズることに成功しました

人気商品についてPRしたいことを有名インフルエンサーに伝えてもらうことで、ユーザーがより親近感を持てる投稿に仕上げたのが最大の特徴です。

バズった結果、投稿の完全視聴率は235%エンゲージメント率(投稿に反応したユーザーの割合)は489%と莫大な数字を叩き出し、商品の売上増加を成功させることができました。

ユニクロ

ユニクロは、企業独自のハッシュタグを用いたユーザー参加型のキャンペーンを行ったことでバズることに成功しました。

キャンペーンでは、ユーザーがお気にりのユニクロ商品を着用しバズった動画上位5名(各国)がグランプリに選出されました。

このキャンペーンは日本を初めとする海外4カ国で同時開催されたこともあり、日本だけでなく海外までキャンペーンが広がったことがバズった要因であると言えるでしょう

Popteen編集部

Popteen編集部は、自社に所属する人気モデルを起用し、流行している楽曲に合わせた投稿を行ったことでバズることに成功しました。

「#踊ってみた」という独自のハッシュタグをつけた投稿はいいねや再生数、コメント数ともに多くの反応を獲得しています。

バズった結果、現在約47万人ものフォロワーを獲得しており、若年層を中心に絶大なインフルエンサー効果をもたらしている企業となっています

TikTokでバズることに成功したTikToker事例

TIkTokでバズることに成功したTikToker事例

ここでは、TikTokでバズることに成功したTikToker事例を紹介していきます。

きょんぺい

きょんぺいは、現役WEGOスタッフという肩書きも持つTikTokを代表するカップルクリエイターです。

コント風に編集したカップルの日常動画が人気を博しており、TikTokフォロワー数は約130万人を誇ります

最近ではメディア露出も増えてきている、人気急上昇中のTikTokerです。

ちゆう Chiyu

ちゆう Chiyuは、日本トップクラスのエンゲージメント率を誇る人気クリエイターです。

「みんなのおねえさん」というキャッチフレーズとともに、持ち前のビジュアルを発揮した投稿で人気を博しています

また、元アイドルという経歴の持ち主で、トレンドに合わせた楽曲を利用したダンス動画も人気な理由の1つです。

成瀬

成瀬は、その天才的なクリエイティブ能力が世間から認められている人気クリエイターです。

柔軟な発想力を活かしTikTokリリース当初からバズる動画を連発し、2019年には日本代表のTikTokerとして韓国に遠征したという経歴を持っています

現在はTikTokerとしての活動だけでなく、アーティスト活動も行うなど、多方面で活躍の場を広げています。

【注意】TikTokでバズらない原因

注意

ここでは、TikTokでバズらない原因について解説していきます。

投稿の頻度が少ない

投稿の頻度が少ないと、TikTokでバズる確率が低くなります

TikTokには、平均いいね数や再生数など動画の基本情報を分析することができる「インサイト」という機能があります。

投稿頻度が少ないと動画の分析材料が自然と少なくなってしまい、インサイトを用いた分析が今後の動画作成に上手く繋がらなくなってしまうため気をつけましょう

1つ1つの動画が長い

1つ1つの動画が長すぎると、TikTokでバズらない可能性が高くなってしまいます

動画を最後まできちんと見てもらえているかどうかは、TikTokでバズることにおいて非常に重要です。

1つ1つの動画が長いと視聴者が離脱してしまう可能性が高まり、動画を最後まで見てもらえる確率が大幅に低くなってしまうかもしれないため注意しましょう

投稿が有名人の二番煎じである

投稿が有名人の二番煎じであると、TikTokでバズらない可能性が高いです。

有名人とほとんど同じような投稿をしても、結局ユーザーは本人の動画を見に行きます

ただし、そこで完全オリジナリティのある動画を投稿しなくてはならないかと言われたらそうではありません。

自分の個性とバズっている動画の要素を組み合わせることで、視聴者に興味を持ってもらえるようなコンテンツを作るように心がけましょう

シャドウバンを喰らっている可能性がある

TikTokで上手くバズらない場合は、アカウントがシャドウバンを喰らっている可能性があります

シャドウバンとは、TikTokの運営側によって投稿者のアカウントに利用制限がかかってしまうことを指します。

シャドウバンになってしまうと、投稿が一切おすすめに載らないようになったり、いいねやコメントが全く来なくなったりしてしまうため、異変を感じたら早めに確認するようにしましょう

TikTokでバズる方法まとめ

バズる方法まとめ

今回は「TikTokでバズる方法とは何か、そして実際に成功した企業やTikTokerの事例、バズらない原因」について解説しました。

TikTokでバズる方法には、投稿をおすすめ表示させる、トレンドに合ったハッシュタグを活用するなど様々存在します。

実際にバズることに成功した企業やTikTokerの事例を参考に、自分なりのバズる方法を実践してみましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ