【最新】TikTokのアルゴリズムとは?重要指標や再生数が伸びない原因を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokのアルゴリズムを知りたい
  • TikTokのアルゴリズムを攻略しておすすめに載る方法が知りたい
  • TikTokの動画の再生数が伸びない原因が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに向けて「TikTokのアルゴリズムの攻略方法や再生数が伸びない原因」などについて解説していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ

TikTokのアルゴリズムとは

TikTokのアルゴリズム

TikTokのアルゴリズムとは、TikTokの動画が拡散される仕組みのことを指します

アルゴリズムを理解してコンテンツの投稿を行うことにより、動画がおすすめに載ったりバズったりする可能性が大幅に上がります

また、企業がアカウント運用を行っている場合、アルゴリズムを攻略した動画投稿を行うことで、自社の商品やサービスの認知度を向上させやすくなります。

TikTokのアルゴリズム変更について

TikTokのアルゴリズムは、時代とともに変化してきています

以前までのアルゴリズムは以下の通りでした。

  • フォロワー数の関係なく新規の投稿は必ず500回以上確定で再生される
  • 新規の投稿に対する反応が大きければ、上位カテゴリーのおすすめに表示される
  • 上位カテゴリーの中でもトップクラスの反応を獲得したら、他国のおすすめに表示される

このように、以前までのアルゴリズムは最新のものよりも考え方が簡単でした。

しかし、現在のアルゴリズム以前のアルゴリズムよりも大幅に複雑化しており、再生完了率やユーザーの反応率など、様々な指標をもとにコンテンツの品質が評価されています。

TikTokのアルゴリズムの種類

アルゴリズムの種類

ここでは、TikTokのアルゴリズムの種類について紹介していきます。

TikTokのアルゴリズムには、以下の2種類があります。

  • 加算式アルゴリズム
  • 減算式アルゴリズム

それぞれ解説していきます。

加算式アルゴリズム

加算式アルゴリズムとは、投稿をバズらせる要因となる8つの指標のことを指します。

投稿をバズらせるための8つの指標については、以下の通りです。

  • 平均再生時間
  • 再生完了率
  • いいね率
  • コメント率
  • シェア率
  • ダウンロード数
  • プロフィール閲覧率
  • フォロー率

8つの指標における数値が高ければ高いほど、動画は優先的におすすめ表示されます。

そのため、コンテンツを作成する際は上記8つの数値を高めることが重要です。

減算式アルゴリズム

減算式アルゴリズムとは、投稿がバズらなくなる要因となる3つの指標のことを指します。

投稿がバズらなくなる3つの指標については、以下の通りです。

  • 視聴維持率の低さ
  • 他のSNS媒体への誘導
  • 「興味ありません」ボタンが押されている割合

3つの指標における数値が高ければ高いほど、動画はバズりづらくなります。

そのため、上記の3つの数値を少なくしていくことが重要です。

TikTokのアルゴリズムにおける重要指標

アルゴリズムにおける重要指標

ここからは、TikTokのアルゴリズムにおける重要指標について解説していきます。

再生時間・再生完了率

TikTokのアルゴリズムにおいて、再生時間・再生完了率は非常に重要です。

再生時間が長く、かつ再生完了率の高い投稿は、TikTok側から人気な投稿であると判断される可能性が高いです。

TikTok側から人気であると判断された投稿は優先的におすすめ欄に表示されるため、さらに多くのユーザーに視聴されるようになります

複数回再生数

TikTokのアルゴリズムにおいて、複数回再生数も重要指標の1つとなります。

複数回再生数とはその名の通り、1人のユーザーが同じ動画をループして見た回数のことを指します。

複数回再生数の多い投稿はユーザーからの評価が高いと判断されるため、TikTok側が優先的におすすめ欄に表示させます。

動画に対するユーザーの反応

TikTokのアルゴリズムにおいて、動画に対するユーザーの反応も重要指標の1つとなります。

動画に対するユーザーの反応とは、主にいいねやコメント数のことを指します。

いいねやコメント数の多い投稿はTikTok側に多くのユーザー人気を博していると判断され、おすすめ表示に載りやすくなるのです。

シェア数

TikTokのアルゴリズムにおいて、シェア数も重要な指標となります。

TikTokには、動画をInstagramやTwitterなど他のSNS媒体にシェアできる機能があります。

シェア数の多い動画は幅広いユーザーから支持されていると判断され、おすすめに表示に載りやすくなります。

ハッシュタグチャレンジへの参加の有無

TikTokのアルゴリズムにおいて、ハッシュタグチャレンジへの参加の有無も重要指標の1つとなります。

ハッシュタグチャレンジとは、企業がPR用に作成したハッシュタグを使って動画投稿を行うキャンペーンです。

チャレンジ用のハッシュタグは、TikTok運営側が企業から受けた有料の広告依頼を元に作成されています

そのため、TikTokのアルゴリズムでは、ハッシュタグチャレンジに参加している投稿を優先的におすすめ表示させることが多くなっています。

TikTokのアルゴリズムを攻略しておすすめに載る方法

おすすめに載る方法

ここからは、TikTokのアルゴリズムを攻略しておすすめに載る方法を紹介していきます。

何回も見返したくなるような動画を作る

TikTokのアルゴリズムを攻略しておすすめに載るには、何回も見返したくなるような動画を作ることが重要です。

TikTok動画は何回もループして見返すことができるようになっています。

動画を何回も見返すユーザーが増えると、いいね数やコメント数、再生時間など数値も向上します。

上記の数値が向上すればアルゴリズム的に良い評価を得られるため、おすすめ欄に表示されやすくなります

動画の続きや最後が気になるような動画を作る

TikTokのアルゴリズムを攻略しておすすめに載るには、動画の続きや結末が気になるような動画を作りましょう

動画を最後まで長い時間視聴してもらうためには、動画の構成が非常に重要となります。

動画の冒頭にインパクトのある表現を用いるなどして、ユーザーが動画の続きや最後まで思わず見入ってしまうような構成の動画を作成するよう心がけてみましょう。

動画のターゲットを明確にする

TikTokのアルゴリズムを攻略しておすすめに載るには、動画のターゲットを明確にすることが重要です。

特定ターゲットに刺さる共感性の高い動画を投稿できれば、爆発的にユーザーの反応を獲得することが可能になります。

しかし、ターゲットが明確でない動画は、誰でも作成できるようなありふれた内容になってしまうため、ユーザーの反応は増えにくいです。

ユーザーの反応が少ない投稿はアルゴリズム的にBad評価を受けてしまうため注意が必要です。

トレンドに合ったハッシュタグを使用する

TikTokのアルゴリズムを攻略しておすすめに載るには、トレンドに合ったハッシュタグを使用することが大切です。

トレンドに合ったハッシュタグを使用した動画は多くのユーザーが視聴するため、ユーザーの反応が増える可能性が高まります

また、企業がPRを行う際に活用している「ハッシュタグチャレンジ」を利用した投稿はおすすめ欄に表示されやすいため、ハッシュタグチャレンジには必ず参加するようにしましょう。

TikTokのアルゴリズムに沿っているのに再生数が伸びない原因

再生数が伸びない原因

ここでは、TikTokのアルゴリズムに沿った動画を投稿しているのに、再生数が伸びない原因について解説していきます。

コンテンツのジャンルがTikTokの規約に反している

TikTokのアルゴリズムに沿っているのに再生数が伸びない場合は、コンテンツのジャンルがTikTokの規約に反している可能性があります

コンテンツのジャンルがTikTokの規約に反している場合、動画に対してTikTok側から規制がかかりおすすめなどに表示されなくなってしまいます

TikTokの規約に反してそうな動画があれば、すぐに削除するようにしましょう。

アカウントがシャドウバンを喰らっている

TikTokのアルゴリズムに沿っているのに再生数が伸びない場合は、アカウントがシャドウバンを喰らっている可能性があります

シャドウバンとは、TikTok側から動画投稿者に対してサイレントでアカウントの利用制限が行われることを指します。

もし、自分のアカウントがシャドウバンかもしれないと気づいた際は、落ち着いて対処法を調査するようにしましょう

TikTok側で不具合が生じている

TikTokのアルゴリズムに沿っているのに再生数が伸びない場合は、TikTok側で不具合が生じている可能性があります

TikTokでは、何の問題も無いのに急に動画がおすすめなどに表示されなくなるバグが起こることがあります

動画を投稿して数日経っても再生数が全く伸びない場合は不具合が生じている可能性が高いため、TikTok運営に問い合わせてみるのが良いでしょう。

TikTokのアルゴリズムまとめ

TikTokのアルゴリズムまとめ

今回は「TikTokのアルゴリズムの攻略方法や再生数が伸びない原因」などについて解説しました。

TikTokのアルゴリズムを攻略しておすすめに載るには、何回も見返したくなる動画を作成したり、動画のターゲットを明確にしたりする必要があります。

TikTokのアルゴリズムを理解して、多くのユーザーの反応を獲得できるような動画作りを心がけましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ