TikTokで著作権に引っかからない方法は?楽曲が著作権違反になるケースを解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokで著作権違反になるパターンについて知りたい
  • TikTokで著作権違反になった際の対処法を知りたい
  • TikTokで著作権違反にならないための運用方法を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「TikTokで著作権違反にならない方法や楽曲が著作権違反になるケース」などについて解説していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社の料金相場や依頼できる業務内容について以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、TikTok特化の運用代行会社、エージェンシーです。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめとなっています。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、Contact(お問い合わせ)からご連絡ください。

目次

TikTokの楽曲は著作権違反?使用しても良いの?

TikTok 公式 音源 著作権

TikTokが提供している楽曲は、JASRAC(音楽関連の著作権を管理する団体)と提携を結んでいるため安心して使用できます

TikTokを投稿する際に「楽曲を選ぶ」の欄に入っている曲は、自由に使用することができます

自身のTikTokアカウントを守るためにも、BGM選びは慎重に行う必要があります。

TikTokで著作権違反になるパターン3選

TikTokを撮影する男女

TikTokで著作権違反になるパターンについて解説していきます。

CD音源やカラオケ音源をそのまま使用する

CDの音源やカラオケの音源をそのまま使用すると、TikTokで著作権違反になる可能性があります

JASRACなどと契約を結んでいる場合でも、録音した楽曲にある「原盤権」の対策にはなりません

原盤権とは、CDなどの制作によって作られた、録音された音楽に生じる権利のことで、著作権とは別の問題が発生します。

同じ音楽でも、TikTokが提供している音楽とCDの音源では、権利が変わるので注意が必要です。

アニメやドラマの無断転載・切り抜き動画の投稿

アニメやドラマの無断転載・切り抜き動画の投稿をすると、TikTokで著作権違反になる可能性があります

TikTokは、JASRACと提携してるため、音楽を使用することは可能です。

しかし、音楽以外のアニメやドラマ、映画などには対応はしていないため、無断での使用は著作権違反となります。

海外の楽曲や替え歌などはJASRACの管理権限外の可能性あり

海外の楽曲や替え歌などはJASRACの管理権限外の可能性があります

TikTokが提携しているJASRACは、海外の楽曲や替え歌などには対応していない場合がほとんどです。

そのため、海外の楽曲や替え歌などを使用する場合は、著作権の管理がどうなっているのかを確認する必要があります。

TikTokで著作権に引っかからない方法

TikTokを操作する人

TikTokで著作権に引っかからない方法について解説していきます。

自作のオリジナル楽曲を使用する

自作のオリジナル楽曲を使用する場合は、TikTokで著作権に引っかかる可能性は大きく下がります。

しかし、替え歌や元の音源を編曲したものを使用すると、著作権違反に引っかかる場合があるので注意が必要です。

ゼロから楽曲作成ができる方は、自作のオリジナル楽曲を使用すれば安心してアカウント運営をすることができます。

TikTok公式が提供している音源を使用する

TikTok公式が提供している音源を使用する場合は、TikTokで著作権に引っかかる可能性は大きく下がります。

TikTokはJASRAC(音楽関連の著作権を管理する団体)と提携を結んでいるため、安心して楽曲を使用することができます。

TikTokを投稿する際に「楽曲を選ぶ」の欄に入っている曲は、JASRACによって管理されているため自由に使用可能です。

JASRACが管理している楽曲を自分でカバーする

JASRACが管理している楽曲を自分でカバーする場合は、TikTokで著作権に引っかかる可能性は大きく下がります。

そのため、JASRACが管理している楽曲の中なら、自由にカバーして使用することができます。

しかし、CDの音源が入っている場合は著作権に引っかかる可能性もあるので、ゼロから音源を作成する必要があります。

トップインフルエンサーが使用している楽曲を使う

トップインフルエンサーが使用している楽曲を使う場合は、TikTokで著作権に引っかかる可能性は大きく下がります。

トップインフルエンサーは、基本的に著作権に関する対策を入念に行っています。

とはいえ、トップインフルエンサーが確認していない場合もあるため、新たな音源を使用する際は、著作権周りの情報を確実に調べておく必要があります。

TikTok公式の機能を使用して動画編集を行う

TikTok公式の編集機能を使用して動画編集を行う場合は、TikTokで著作権に引っかかる可能性は大きく下がります。

TikTokの編集機能に入っているJASRACが管理している楽曲を使用すれば著作権に引っかかることはないため、安心してアカウント運営ができます。

外部の編集サービスを使用する場合は、著作権周りの情報を必ず調べるようにしましょう。

著作権違反が不安な場合は、楽曲を使わないのもあり

著作権違反が不安な場合は、楽曲を使わないという選択も存在します。

楽曲を使用しない場合は著作権にかかる可能性がほぼないため、安心してアカウントを運用することができます

楽曲を使わない動画の例としては、トーク動画やドッキリ動画などがあげられます。

TikTokで著作権侵害をするとどうなるの?

TikTokを撮影する男性

TikTokで著作権侵害をするとどうなるのかについて解説していきます。

著作権侵害の通知が送られてくる

TikTokで著作権侵害をすると、著作権侵害の通知が送られてくる場合があります

TikTokから著作権侵害と判断された投稿に対して、著作権侵害通知がされます。

運営によって発見された場合や著作権侵害をされたと報告が入った場合に、通知が届きます。

投稿した動画が削除される

TikTokで著作権侵害と判断された場合、その動画を削除される可能性があります。

動画が削除された場合は、その動画についていたいいねやコメントも消えてしまいます。

また、TikTokのガイドラインに違反している動画も動画削除の対象なので、ガイドラインの確認もしておく必要があります。

アカウントがシャドウバンされる

TikTokで著作権侵害と判断された場合、シャドウバンされる可能性があります。

シャドウバンとは、運営が悪質だと判断したアカウントに対して、そのアカウントの投稿を誰にも表示させないように設定することをいいます。

シャドウバンされたアカウントは、アカウント凍結同様の扱いになるため注意が必要です。

アカウントが凍結される

TikTokで著作権侵害と判断された場合、アカウントを凍結される可能性があります。

アカウントを凍結された場合は、基本的に新しいアカウントを作る必要があります。

投稿した動画やフォロワーなども消えてしまうため注意が必要です。

悪質だと法的な措置を取られる可能性がある

TikTokで著作権侵害と判断された場合、法的な措置を取られる可能性もあります。

悪質なコメントや投稿に対しての通報ボタンもあるため、誹謗中傷などの悪質な行為はしないようにしましょう。

仮に、法的措置を取られた場合は、証拠を保存して弁護士に相談する必要があります。

TikTokの著作権に関してよくある質問【Q&A】

TikTokを操作する2人

TikTokの著作権に関するよくある質問について解説していきます。

TikTokの著作権違反で問題になった事例はありますか?

TikTokの著作権違反で問題になった事例は存在します。

TikTokの著作権違反で問題になる場合、権利の所有者から法的な措置を取られることがほとんどです。

権利の所有者に不利益を与える行為や誹謗中傷などによって、大きな問題につながる傾向にあります。

TikTokで他人の画像を使用しても大丈夫ですか?

フリー素材の場合は、他人の画像でも使用しても大丈夫です。

TikTokで他人の画像を使用する場合は、使用する画像がフリー素材かどうかを確認する必要があります。

使用する画像がフリー素材ではない場合は、著作権違反になる可能性もあるため注意が必要です。

TikTokの投稿を、他のSNSに転載するのは著作権違反になる?

TikTokの投稿を他のSNSに転載するのは著作権違反となります。

TikTokの規約上無断転載は禁止されているため、何かしらの措置を受ける可能性も考えられます。

無断転載の動画を目にしたことがあるからと言って、著作権違反をしないように注意しましょう。

著作権の規制で動画を保存できないときはどうすればいいの?

著作権の規制で動画を保存できない場合は、外部のサイトやソフトを使用する必要があります

ただし、外部のサイトやソフトを使用する場合は、スパムサイトなどに注意する必要があります。

公式で推奨されているやり方ではないため、一定のリスクがあることも理解しておきましょう。

TikTokの動画を保存したけど著作権の関係で音が出ません。

TikTokの動画を保存しても音が出ない場合は、著作権規制された動画を保存している可能性が高いです。

TikTok側で規制をかけられている動画は、音ありで保存することができません。

規制がかかっている動画を音ありで保存するためには「snaptik」というサイトを使用する必要があります。

TikTokの著作権に引っかからない方法まとめ

TikTokを撮影する人達

この記事では「TikTokで著作権違反にならない方法や楽曲が著作権違反になるケース」などについて解説してきました。

TikTokはルールを守って正しく利用していれば、著作権に関する問題に巻き込まれる可能性は非常に低いです。

自分のアカウントを守るためにも、細心の注意を払って動画投稿をしていきましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社の料金相場や依頼できる業務内容について以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、TikTok特化の運用代行会社、エージェンシーです。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめとなっています。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、Contact(お問い合わせ)からご連絡ください。