TikTokは採用に効果がある?活用方法や企業事例、メリットやデメリットを解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokでの採用活動に効果があるのか知りたい
  • TikTokを活用して採用する方法や企業事例が知りたい
  • TikTokで採用活動を行うメリットやデメリットを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「TikTokで採用活動を行う方法やTikTokで採用活動を行うメリット、TikTokで採用活動を行っている会社の事例」などを紹介していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ

TikTokとは

TikTokとは

TikTok(ティックトック)とは、15秒〜3分程度のショート動画の視聴や投稿できるSNSサービスです。

中国のByteDance社が開発した動画共有サービスであり、誰でも無料でサービスを利用することができます。

TikTokは10代〜20代の若者を中心とした幅広い世代に人気のサービスとなっています。

【最新】採用市場の動向

TikTok 採用市場

近年、SNSを用いた採用や求人募集を行っている企業が増えています

少子高齢化やコロナウイルスなどの社会の変化によって、採用のコストが非常に高くなっているという問題があります

そういった採用コストの問題への解決策として、SNSを活用した採用活動が注目されています。

求人広告を出したりセミナー会場を抑えたりするには、非常に高い費用がかかりますが、SNSを利用すれば低コストで採用活動を行うことが可能です

そして、SNSでの採用活動の媒体の1つとして、拡散力の高いTikTokが注目を集めています。

TikTokは採用に効果があるの?

TikTok 効果あるか

TikTokを活用することで、より効果的な採用活動ができます

TikTokは10代〜20代の「Z世代」と呼ばれる若者に人気のSNSとなっています

若者が頻繁に利用しているTikTokを採用媒体として活用することで、新卒採用や求人募集を効果的に行うことが可能になります。

実際に、TikTokを採用活動に活用して採用を成功させている企業はたくさんあります。

企業がTikTokで採用を行うメリット

TikTok 採用 メリット

TikTokで採用活動を行うメリットを紹介します。

動画で会社(職場)の雰囲気を伝えることができる

企業がTikTokを採用に活用することで、動画で会社の雰囲気を伝えることができます

ショート動画で会社の雰囲気を伝えることによって、文章や写真よりも会社の雰囲気を詳しく伝えられます

求職者は会社のリアルな雰囲気を知れるため、会社側は社風に合った人材を集めることが可能です

無料で利用できるため、導入コストが掛からない

無料のTikTokを採用活動の手段として使うことによって、導入コストをかけずに採用を行うことが可能です。

一般の求人媒体を使うと、求人広告費として高いコストが必要になってしまいます。

しかし、TikTokを活用すれば、求人広告から採用まで導入コストをかけずに採用活動を行うことができます

投稿が拡散されれば会社自体の宣伝にも繋がる

TikTokの投稿が拡散されることで、採用だけでなく会社自体の宣伝にも繋げることが可能です。

TikTokは他のSNSと比べても、拡散力が非常に高いSNSとなっています。

そのため、一度投稿が拡散されれば、より多くのユーザーに投稿を視聴され、会社を広く宣伝することができます。

採用活動にTikTokを利用している企業が少ない

企業がTikTokで採用を行うメリットとして、採用活動にTikTokを利用している企業が少ないという点があります

TikTokを活用する企業は増えてきてはいますが、まだTikTokを活用している企業は少ないのが現状です

そのため、早めからTikTokを活用することで競合会社に埋もれることなく、効果的に採用活動を行うことができます。

社内に動画の撮影・編集技術のある人がいなくても活用可能

TikTokは社内に動画の撮影・編集技術を持っている人がいなくても活用することが可能です。

TikTokはスマホさえあれば誰でも簡単に撮影や編集をすることが可能なため、特別な撮影機材や編集ソフトを用意する必要がありません。

そのため、担当者さえ用意すればすぐに動画投稿を始めることが可能です。

企業がTikTokで採用を行うデメリット

TikTok 採用 デメリット

企業がTikTokで採用を行うデメリットを紹介します。

炎上して企業イメージが悪くなるリスクがある

TikTokは拡散力や影響力が高いサービスであるため、炎上して企業イメージが悪くなるリスクがあります

投稿が一度でも炎上してしまうと、企業ブランドやサービスのイメージが悪くなり、利益が大幅に下がってしまうことも考えられます。

そのため、TikTokを運用する際には細心の注意を払うようにしましょう。

エントリーに直結しない可能性がある

TikTokは匿名性の高いサービスであるため、エントリーに直結しない可能性も大いにあります

投稿を見て興味を持ってもらうことに成功しても、エントリーに至るまでのハードルが高く、途中で応募を辞めてしまうことも考えられます。

そのため、TikTokで採用を行う際には視聴者がエントリーしやすくなるような工夫をするようにしましょう。

採用ターゲット層に動画がリーチしないことがある

TikTokを活用したとしても、採用ターゲット層に動画がリーチしないことがあります

TikTokは拡散力が高く、動画が伸びやすいSNSでありますが、投稿した動画が確実に伸びるわけではありません

採用ターゲット層に動画をリーチさせるためにも、より多くの人に視聴してもらえるような動画を投稿をするようにしましょう。

【企業向け】TikTokで採用を行う方法

TikTok 採用 行う方法

企業がTikTokで採用を行う方法を紹介します。

TikTokを活用する目的や採用ペルソナを明確にする

TikTokで採用を行うには、まずはTikTokを活用する目的や採用ペルソナを明確にしましょう

目的やペルソナを明確にすることによって、動画の内容をより具体的に決めることができます

動画の内容を具体的にすることで、共感や注目を集めたり、視聴者により興味を持ってもらったりすることが可能になります。

演者や担当者を用意し、企画の方向性やスケジュールを決定する

動画のコンセプトが決まれば、演者や担当者を用意して企画の方向性やスケジュールを決めましょう

採用まで繋げるためには、継続的に投稿を行って、投稿に注目してもらう必要があります。

継続して注目される投稿をしていくためにも、計画的に投稿の準備を進めることが重要です。

実際に動画投稿を行い、PDCAサイクルを回す

実際に動画を投稿したら、PDCAサイクルを回すことが重要です。

動画を投稿し始めても、すぐに結果が出るわけではありません

投稿の分析から改善、投稿までを繰り返すことで徐々に結果がでてきます。

採用に繋げるためにも、投稿を行ってから最速でPDCAサイクルを回すようにしましょう

TikTokでの採用活動を成功させるためのポイント

TikTok 成功させるポイント

TikTokでの採用活動を成功させるためのポイントを紹介します。

採用ペルソナに合った動画を作成する

TikTokで採用を成功させるためにも、採用ペルソナにあった動画を作成することが重要です。

採用ペルソナに合った動画を投稿することで、採用後のミスマッチの可能性を減らすことができます

会社に入社してから長く働いてもらうためにも、採用ペルソナに合った動画を作成するようにしましょう。

社内で協力して、継続的に投稿を行う

TikTokで採用を成功させるには、社内で協力して継続的に投稿を行うことが重要です。

投稿を継続していくには、社員の協力が必須になります

TikTokでの採用活動に力を入れることを社内で共有し、協力を仰ぐことで継続的に投稿を行いましょう。

会社のありのままの姿や社風が伝わるようにする

TikTokで採用を成功させるには、会社のありのままの姿や社風が伝わる投稿を行うことが重要です。

求職者はTikTokの動画を見て、動画内の働く姿を自分に当てはめてエントリーしてきます。

動画と実際の仕事場が明らかに違うと、採用後にミスマッチが起こりやすく、入社してもすぐに辞めてしまう可能性が高くなります

そういったミスマッチを防ぐためにも、会社のありのままの姿や社風が伝わる投稿をしましょう。

TikTokでの採用活動に成功した企業事例

TikTok 成功企業事例

TikTokで採用を行っている会社の事例を紹介します。

大京警備保障株式会社

@dkykeibi_tokyo ちょっとおじさん達が通りますよ⛑#大京警備保障 #fyp #Emetsound ♬ 오리지널 사운드 – Flexinmusic – Emetsound_music

大京警備保障株式会社は、東京の新宿区に本社を構える警備会社です。

社長や部長などの管理職メンバーが流行りのダンスに挑戦している動画などを投稿しており、現在アカウントのフォロワー数は180万人(2022年)を越えています

大京警備保障は、警備に関するネタというよりも、普段の会社の様子を見せることで親近感を持ってもらえるような投稿を多くしています。

TikTokを始める前までは、求人広告に数百万円かけていたそうですがTikTokを活用することでTikTok経由で入社希望の連絡が多く来るようになったそうです

株式会社BEEM

@beem_official ブラック企業動画出しすぎたベンチャー企業の末路 #株式会社beem #beemに恋してる #ベンチャー企業 #ブラック ♬ オリジナル楽曲 – 株式会社BEEM

株式会社BEEMは、SNSの運用や動画制作スクールなどのコンテンツマーケティングを提供しているベンチャー企業です。

オフィスの雰囲気や社員とのおもしろ動画などを投稿しており、現在アカウントのフォロワー数は48万人(2022年3月)を越えています

TikTokで会社について発信することによって、採用に加えて自社の宣伝を行うことに成功しています

株式会社三和交通

@sanwakotsu タクシー会社のおじさんがKaraさんのMr TAXIを踊ってみましたが、私も踊れてませんが相方何時も以上にずれていきます。一人づつでもやってみようかなー(笑)#韓国懐メロ#TikTok #三和交通 #踊るおじさん #毎日tiktok #kara #Mr ♬ MR.TAXI – Korean Version – Girls’ Generation

株式会社三和交通は、神奈川・東京・埼玉に営業所を持つタクシー・ハイヤー営業を取り扱う会社です。

社長や部長などが一生懸命踊ったり企画をしたりしている動画を投稿しており、現在アカウントのフォロワー数は15万人(2022年)を越えています

タクシー業界では運転手の高齢化が問題となっている中、TikTokを活用することによって、新卒を多く採用することができているようです

TikTokを採用に活用する方法まとめ

TikTok まとめ

ここまで「TikTokで採用活動を行う方法やTikTokで採用活動を行うメリット、TikTokで採用活動を行っている会社の事例」などを紹介してきました。

TikTokは若い世代に人気のSNSであり、若者を採用したい企業にとって非常に有効な採用手段となっています。

TikTokは運用のコストがかからないため、上手く利用することができれば、求人広告費などの採用コストを大きく減らすことができます

本記事で紹介したポイントを参考に、是非TikTokで採用活動を行ってみてはいかがでしょうか。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ