【TikTok】Spark Adsとは?企業事例やメリット、設定のやり方を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • Spark Adsの特徴や広告メリットを知りたい
  • Spark Adsの設定方法、やり方を知りたい
  • Spark Adsを活用している企業の事例を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「Spark Adsの企業事例や広告効果、設定方法などについて紹介していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ

Spark Adsとは?

tiktokのトップページ

Spark Adsとは、TikTokに投稿した動画をインフィード広告の素材として活用することができる新しい広告フォーマットのことです。

自社の投稿のみならず、許可を得たインフルエンサーやクリエイターが投稿した動画投稿も広告として使用することができます。

コンテンツとしての品質は保ちつつ、狙った層にリーチできる広告フォーマットとして注目を集めています。

Spark Adsのメリット、特徴

tiktokを広く人

Spark Adsを利用するメリットを紹介していきます。

TikTokアカウントを伸ばしやすい

Spark Adsには、TikTokアカウントを伸ばしやすいといった特徴があります

通常のインフィード広告からでは、直接TikTokアカウントに紐づけることができないため、広告からTikTokへのアクションが制限されていました。

しかし、Spark Adsを活用することで、直接TikTokアカウントへのフォローを促したり、プロフィールへの遷移を促したりすることができるようになります。

そのためSpark Adsは、新規フォロワーの獲得やTikTok上での認知拡大に最適な手法だといえるでしょう。

リーチするユーザー層とボリュームを操作できる

Spark Adsには、リーチする層とボリュームを操作しやすいといった特徴があります

通常の投稿では、外注した動画や時間をかけて作成した動画でも拡散される保証はありません。

また、仮に拡散されたとしても狙った層に確実にリーチさせることは非常に難しいといえます。

しかし、Spark Adsを活用することで、TikTok広告のターゲティング機能を使用して、特定のユーザー層にほぼ確実にリーチさせることができます。

精度や確実性を求めたいという方にとっては、非常に大きなメリットといえます。

CTAボタンの設置が可能

Spark Adsでは、CTAボタンを設置することが可能です。

通常の投稿では、CTAボタンの設置に対応していないため、投稿から直接自社サイトなどに誘導することはできませんでした。

しかし、Spark Adsを使用すれば、動画投稿に近い形でCTAボタンや広告テキストを設置することができ、投稿から直接自社サイトなどに誘導することができます。

そのため、Spark AdsはTikTok上の特定のユーザー層を狙って、自社サイトや自社サービスに誘導したいという方におすすめのサービスといえます。

Spark Adsの設定方法、やり方

Spark Adsの設定方法を解説していきます。

自社の投稿を使用する場合

Spark Adsを利用する際の流れは、以下の通りです。

  • 1.TikTokビジネスアカウントとTikTok For Businessを連携
  • 2.広告の作成

Spark Adsを利用するためには、TikTokビジネスアカウントとTikTok For Businessを連携させる必要があります

連携が完了したら、広告作成の画面を開き広告を作成していきます。

キャンペーンや広告セットなどを設定したら完了です。

クリエイターの投稿を使用する場合

Spark Adsを利用する際の流れは、以下の通りです。

  • 1.TikTokで広告設定を許可する
  • 2.コードを取得
  • 3.広告の設定

Spark Adsでクリエイターの投稿を使用する場合は、TikTokで広告設定の許可をする必要があります

プロフィール画面のハンバーメニューから「クリエイターツール」を選択し、「広告設定」をONに設定したら完了です。

広告設定をONにしたら、投稿したい動画のコードを取得します。

広告に利用したい動画の「…」をタップして、「広告設定」を選択します。

すると「広告コンテンツ利用規約」が表示されるため、内容を確認して同意にチェックを入れます。

広告使用承諾をONにして「コードを作成」をタップすれば取得完了です。

なお、このコードはコピペをして保存しておくと、広告を作成する際にスムーズに設定することができます。

Spark Adsの企業事例

TikTokのプロフィール画面

Spark Adsは、さまざまな企業のマーケティング活動に採用されています。

その中でも、美容系商品を中心に取り扱っている企業では、いち早くSpark Adsを取り入れており、大きな成果を上げています。

Spark Adsの投稿から商品への関心を引き、そのまま購買へとつなげる戦略を採用することで、他の戦略に比べてよい成果を出しています。

また、他の広告形態に比べてスピード感があり、投稿までの日数が少ない点も大きなメリットとして挙げられています

Spark Adsを利用する際の注意点

スパークアド

Spark Adsを利用する際には、広告に使用する素材の編集はできない点に注意するようにしましょう。

Spark Adsでは、他のクリエイターが作成した動画を広告として利用することができますが、そのコンテンツを変更したり、元の投稿の表示名を変更したりすることはできません。

そのため、広告に使用する素材にこだわりたい方は、動画コンテンツの外注や自社で動画を作成する必要があります。

Spark Adsの特徴や設定方法まとめ

TikTokを開く人

この記事では「Spark Adsの企業事例や広告効果、設定方法などについて詳しく解説していきました。

Spark Adsは、通常の動画投稿に近い形で広告を打てるため、TikTokを活用した認知拡大や新規フォロワーの獲得に最適なサービスといえます。

しかし、元の素材の編集や表示名の変更などはできないため、動画コンテンツの細部までこだわりたいという方には不向きなサービスといえます。

本記事で解説した設定方法や注意点などを参考にSpark Adsを活用してみてはいかがでしょうか。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ