縦型動画広告とは?特徴やメリット、実際に活用した企業事例を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • そもそも縦型動画広告とは何か知りたい
  • 縦型動画広告の特徴やメリットが知りたい
  • 縦型動画広告を実際に活用した企業事例が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに向けて「縦型動画広告とは何かや特徴、メリット、そして実際に活用した企業事例」などについて解説していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ

そもそも縦型動画広告とは?

縦型動画広告とは

縦型動画広告とは、スマートフォンの向きを変えることなく、縦画面/フルスクリーンで再生できる動画広告のことを指します

ユーザーが動画広告をスマートフォンで見ることを前提に、サイズと画面の向きを合わせて作成されました。

従来の動画広告はスマートフォン自体を横向けにしないとフルスクリーンでの視聴が不可能であったため、縦型動画広告の登場は画期的であったと言えます

縦型動画広告を運用するおすすめの媒体

おすすめ媒体

ここでは、縦型動画広告を運用するおすすめの媒体について解説していきます。

Instagram

縦型動画広告の運用には、Instagramがおすすめです。

Instagramでは、ユーザーの7割以上が利用している「ストーリーズ」という機能で縦型動画が流通しています。

他にも、短編動画を投稿できる「リール」や長い動画を無期限で投稿できる「IGTV」など、様々な種類の機能で縦型動画広告を運用できるという点で非常におすすめとなっています。

Twitter

縦型動画広告の運用には、Twitterもおすすめです。

Twitterでは、画面を上下にスクロールしながらタイムラインを流し見するユーザーがほとんどです。

そこで、縦型動画広告を活用すればタイムラインを見ながら目に留まった動画をそのまま視聴することができるため、視聴率の向上が見込めます

YouTube

縦型動画広告の運用には、YouTubeもおすすめです。

YouTubeでは他の媒体と異なり、動画のサイズに合わせて画面表示枠を調整できる機能があるため、縦型動画広告を運用しやすい環境が整っています

また、Instagramのストーリーズに似た「YouTubeショート」という短編動画の投稿が可能なサービスが始まり、縦型動画広告の運用の幅が広がったことでも注目されています

TikTok

縦型動画広告の運用には、TikTokもおすすめです。

TikTokはそもそもスマートフォンのユーザーを対象に開発された媒体であり、投稿されている動画のほとんどが縦型動画となっています。

また、投稿された動画間に流れるインフィード型広告も全て縦型動画となっているため、縦型動画広告に特化したSNS媒体として注目されています

縦型動画広告の特徴やメリット

特徴やメリット

ここでは、縦型動画広告の特徴やメリットを解説していきます。

表示サイズが大きいため、高い訴求力が見込める

縦型動画広告は、表示サイズが大きいため高い訴求力が見込めます。

縦型動画広告はその性質上、スマートフォンにフルスクリーンで表示されるようになっています

そのため、他よりも迫力の大きい動画広告や細部まで拘ったクオリティの高い動画広告を制作でき、高い訴求力を見込むことができます

様々なSNS媒体で活用しやすい

縦型動画広告は、様々なSNS媒体で活用しやすいです。

ユーザーがSNSを利用する際、スマートフォンの画面は縦向きで利用するのが一般的です。

そのため、縦型動画広告であればわざわざスマートフォンの向きを変えて見る手間を省くことができ、広告の視聴率を増加させることができます

ユーザーの離脱率低下が期待できる

縦型動画広告を活用すれば、ユーザーの離脱率低下が期待できます。

縦型動画広告は横型動画広告と比べて、スマートフォンの向きを変えなくても視聴できるというメリットがあります

そのため、ユーザーの離脱率の低下が期待でき、さらには動画広告において重要な指標となるクリック率やエンゲージメントを高めることも可能になります

縦型動画広告の作成方法

作成方法

ここでは、縦型動画広告の作成方法を解説していきます。

縦型動画広告に特化した制作会社に依頼する

縦型動画広告を作成するには、縦型動画広告に特化した制作会社に依頼すると良いでしょう。

縦型動画広告に特化した制作会社に依頼すれば、利用したい媒体に合わせたクオリティの高い動画広告を短期間で制作してくれます

動画編集が初心者で不安な人や動画制作のリソースが少ないという人におすすめの方法となっています

なお、TikTokなどの縦型動画広告の制作に強みがあるおすすめの広告運用代行業者を以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ

動画編集ソフトやアプリを利用する

縦型動画広告を作成するには、動画編集ソフトやアプリを利用するのも良いでしょう。

縦型動画広告の作成は、iMovieやWindowsのムービーメーカーなど、多くの動画編集ソフトやアプリで行うことができます。

制作会社に依頼するのではなく、自分なりにオリジナルな縦型動画広告を作成したいと考えている人におすすめの方法となっています

縦型動画広告を活用した企業の事例

企業事例

ここでは、縦型動画広告を活用した企業の事例を紹介していきます。

ミュゼホワイトニング

ミュゼホワイトニング

出典:https://musee-whitening.com/

ミュゼホワイトニングは、女性から圧倒的な支持を受ける脱毛サロン「ミュゼプラチナム」がプロデュースした医療機関のホワイトニングサービスです。

ブランディングの向上を目的とした、サービス紹介用の縦型動画広告を制作しました。

15秒という短い時間でミュゼホワイトニングの魅力が分かりやすく伝わる動画であったことから、高評価を受けていました

日産自動車

日産自動車

出典:https://www.nissan.co.jp/

日産自動車は、神奈川県に本社を置く多国籍自動車メーカーです。

技術紹介のウェブ動画における、冒頭と技術説明の直前に縦型動画広告が活用されています。

手を叩くだけで自動椅子が元の位置に収納されるという画期的な縦型動画広告により、実際にユーザーが撮影したかのようなリアルな体験を味わうことができます

H&M

H&M

出典:https://about.hm.com/ja_jp.html

H&Mは、スウェーデンが発祥で世界各国に事業を展開している大手アパレルメーカーです。

H&Mの世界観を体現させたグランピング施設とSNS媒体を連動させた縦型動画広告を制作しました。

また、縦型動画広告とSNSがコラボしたキャンペーンを行い、当選者にはグランピング施設の体験やH&Mの商品プレゼントなど、様々な景品を用意したことで話題となりました

【Q&A】縦型動画広告に関してよくある質問

よくある質問

ここでは、縦型動画広告に関してよくある質問とその答えを紹介していきます。

縦型動画広告を活用する際に意識するポイントはある?

縦型動画広告を活用する際に意識するポイントは、以下の通りです。

  • 媒体ごとの特徴に合わせた内容の広告にする
  • 出稿状況に合わせた優先順位を考える
  • 横型動画のリサイズも検討しておく

これらのポイントを押さえつつ、縦型動画広告を適切に活用できるようにしましょう。

縦型動画広告を活用するデメリットはある?

縦型動画広告を活用するデメリットは、以下の通りです。

  • 実際の視界と異なった見え方になる
  • 撮影に制限が出やすい
  • スマートフォンユーザーに限定されている

デメリットは複数存在しますが、スマートフォンユーザーに対しての効果は素晴らしいものであるため、スマートフォンユーザーに特化した動画広告を作成したい場合は積極的に活用すると良いでしょう

縦型動画広告の特徴やメリットまとめ

まとめ

本記事では、「縦型動画広告とは何かや特徴、メリット、そして実際に活用した企業事例」などについて解説してきました。

縦型動画広告の活用には、他の広告と比較して表示サイズが大きく高い訴求力が見込めたり、様々なSNS媒体で活用できたりするなど、メリットが多数存在します

スマートフォンユーザーに特化した動画広告にしたいと考えている人は、ぜひ縦型動画広告を制作するようにしましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ