【企業】TikTokの炎上対策とは?原因や対処法、過去の炎上事例を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokの炎上対策のやり方を知りたい
  • TikTokで炎上してしまう原因を知りたい
  • TikTokで過去に炎上してしまった事例を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに向けて「TikTokの炎上対策のやり方や炎上の原因、過去の企業の炎上事例」などをお伝えしていきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ

そもそも炎上とは

炎が燃えている様子

炎上とは、TwitterやTikTokなどのSNS上で発信した投稿内容に対して、誹謗中傷や厳しい意見、コメントなどが集中的に書き込まれている状態を意味します。

炎上が起こる原因となる投稿の例としては、アルバイト店員の不適切な内容の動画の投稿や、社員アカウントの人種差別的な発言を含む投稿などが挙げられます。

ひとたび炎上が起こってしまうと一瞬で投稿が拡散されてしまうため、投稿者側で炎上を止めることは非常に困難です。

そのため、炎上が起こらないように事前に対策を行うことが重要になります。

企業アカウントが炎上するとどうなる?

企業アカウントが炎上してしまうと、これまで築き上げてきた企業のブランドイメージが悪くなったり、顧客からの信用が失われてしまったりする可能性が非常に高いです。

また、それに伴い顧客離れがおこって企業の売上が大幅にダウンしてしまうケースも多々あります。

このように企業のSNSが炎上してしまうと取り返しのつかないことになってしまう可能性は非常に高いですが、しっかりと社内で炎上対策を行うことで、未然にSNSアカウントの炎上を防ぐことが可能です。

企業のTikTokで炎上が起こってしまう原因

whyと書かれたサイコロ

企業のTikTokで炎上が起こってしまう原因を解説していきます。

従業員の悪ふざけや非常識な行動

よくある炎上の原因として、従業員の悪ふざけや非常識な行動などの投稿が挙げられます。

アルバイト店員がレストランの厨房で悪ふざけをしている動画を投稿したり、複数人で1人をいじめている様子の動画を投稿したりすることで、スタッフ個人だけでなく企業側も批判されて炎上が起こってしまうようなケースは多々あります

たとえ社員やスタッフの個人的な投稿だったとしても、企業側に批判やクレームが寄せられることがほとんどのため、従業員への指導や対策を行うことは非常に重要になります。

若手社員に無理やりTikTokを投稿させる

近年の企業TikTokアカウントの炎上のケースとして、若手社員が無理やりTikTokをやらされているような投稿が炎上してしまうケースが増えてきています

入社したての新入社員に顔出しでダンスをさせるような投稿を行っている企業アカウントが最近増えてきていますが、同時にそういった投稿に対する批判の声も大きくなってきています

TikTokに投稿した動画は全世界に発信され、かつ誰でも気軽に保存することも可能なため、企業アカウント側で投稿を削除したとしても、インターネット上から投稿が完全に削除されることはありません。

特に顔出し投稿などは個人情報の特定にも繋がりかねないため、社員に顔出し投稿を依頼する際は、必ずリスクを伝えた上で本人の了承を取るようにすることが重要です。

政治や宗教などのセンシティブな事柄への言及

政治や宗教などのセンシティブな事柄に触れるような投稿で炎上してしまうケースはよくあります

各々の考えや価値観が違う話題を企業アカウントで発信してしまうと、批判的な意見や肯定的な意見で収拾がつかなくなってしまう恐れがあります。

特に人種差別や芸能関連のスキャンダルなどに対して偏見を持った意見を発言することは控えましょう。

1つの投稿によって企業のブランドイメージや信用が下がってしまう可能性が非常に高いため、TikTokでは個人によって意見が食い違うような話題に関する発言は避けるようにしましょう。

第三者からの悪意のあるコメントや拡散

第三者からの悪意のあるコメントや拡散によって、企業アカウントが炎上してしまうことが多々あります

TikTokはアルゴリズムの特性上、コメントやいいねが多いほど投稿が拡散されやすくなるといった特徴があります。

そのため、誹謗中傷や嫌がらせのような悪意のあるコメントが増えれば増えるほど、投稿が拡散されてしまいます

悪意のあるコメントが多数書き込まれた投稿が他のユーザーの目に触れると、悪いことをしている企業アカウントだと勘違いされて、理不尽にTikTokアカウントが炎上してしまうこともあるため注意が必要です。

TikTokで炎上しないための対策方法

パソコンを指差している人

TikTokで炎上しないための対策方法について解説します。

誹謗中傷を行っているアカウントを通報する

TikTokで炎上しないためには、誹謗中傷を行っているアカウントを通報することが大切です。

TikTokでは悪質なコメントを書いているユーザーを運営に報告することが出来ます

迷惑行為をおこなっているユーザーを報告する際は、まず相手ユーザーのプロフィール画面に移動しましょう。

そして、プロフィール画面の右上にある3つの点を押し、左下の「報告する」の項目をタップすればTikTok運営に悪質ユーザーを通報することが可能です。

政治や宗教などに関する投稿を控える

TikTokでの炎上を防ぐために、政治や宗教に関する投稿はできるだけ控えるようにしましょう。

最近では嘘のニュースやデマなどが発信されており、インターネット上には本当に正しい情報かどうか怪しいコンテンツが存在します。

全てのユーザーが同じ価値観や思想を持っているわけではないため、物議を醸すようなジャンルの投稿を控えることで炎上を避けることができます。

社内での監視マニュアルを作成する

TikTokで炎上しないためには、社内で監視マニュアルを作成することが重要です。

例えば、TikTok動画を投稿する前は必ず2人以上のスタッフに確認してもらったり、個人がTikTokを投稿する際の注意事項を作成したりするといったようなガイドラインを設けましょう。

社内の従業員1人の独断でTikTokを投稿し炎上してしまったら後戻りできないため、TikTok運用のルールを事前に作って共有することが大切です。

従業員のSNS利用に関するルールを設定する

TikTokで炎上しないためには、従業員のSNS利用に関するルールを設定しましょう。

社内のスタッフだけが持っている情報を個人アカウントでうっかり投稿したり他人に共有したりしてしまうと、会社の機密情報が流出してしまう恐れがあります。

SNSを利用する際は、プライベートと仕事用で携帯端末を分けたり、企業情報は外部に漏らさないよう徹底した教育指導をしたりすることが大切です。

TikTokで炎上してしまった場合の対応方法

キーボードと英語が書かれた木のブロック

TikTokで炎上してしまった場合の対応方法について紹介します。

TikTokや他のSNSの投稿を一時的に停止する

TikTokで炎上してしまった際は、TikTokや他のSNSの投稿を一時的に停止しましょう。

炎上が発生してすぐに謝罪をしても、ユーザーからはその場しのぎだと思われてしまいます

そのため、改めて謝罪や訂正を行っても炎上直後よりも状況が悪化している可能性が高いです。

企業で運用している全てのSNSを封鎖して、社内で今後の方針を明確化してから炎上の対応をすることがポイントです。

投稿に対するコメント権限をオフにする

TikTokで炎上してしまった際は、投稿に対するコメント権限をオフにすることが重要です。

炎上した投稿を削除しなかったり、誰でもコメントが書けたりする状況だと、さらに炎上が広がる可能性が高いです。

そのため、炎上が発生したらすぐにコメント欄を閉鎖して、少しでも炎上の拡大を防ぐようにしましょう

炎上が発覚したら、すぐ上司や責任者に報告する

TikTokの炎上が発覚したら、すぐに上司や責任者に報告しましょう。

組織のトップに報告する際は、炎上した投稿内容や炎上が発覚した時間など詳細な情報を素直に伝えることが大切です。

炎上に対する対応を行うためには自分勝手に対応するのではなく、会社の責任者に対応を行ってもらうことで少しでも早く炎上を沈静化することが出来ます。

TikTokの過去の炎上事例

スマホの画面にCASE STUDY

TikTokの過去の炎上事例について紹介します。

某ファミレスのアルバイト店員の悪ふざけ動画

某ファミレスアルバイト店員の悪ふざけ動画がTikTokに投稿されて炎上したといった事例があります。

アルバイト店員が、接客時に使用するおぼんを使って不衛生な遊びをしている動画をきっかけに炎上が発生しました。

アルバイト店員は悪気はないと述べていましたが、ファミレスのブランディングイメージが下がり利用者が一時的に減少するなどの影響がありました。

某コンビニ店員の監視カメラを悪用した動画

某コンビニ店員がお店の監視カメラを利用して女性の胸元を覗く様子を撮影した動画がTikTokに投稿されて炎上しました

TikTokに公開された動画のコメントでは「安心してコンビニに行けない」「店員の特権でカメラを勝手に操作して胸を覗くのは卑猥すぎる」などの意見が多く書き込まれました。

結果としてTikTokに投稿したユーザーは解雇され、コンビニ会社が謝罪することになりました。

TikTokの炎上対策や対応方法などのまとめ

スマホのTikTokのホーム画面

この記事では「TikTokの炎上対策のやり方や炎上の原因、過去の企業の炎上事例」などについて解説しました。

TikTokは企業にとって有効なマーケティングチャネルとなっていますが、使い方を誤って企業アカウントが炎上してしまうと、企業のブランドイメージや信用が大幅に減少してしまう可能性も秘めています

そのため、企業内でしっかりと炎上対策を行って、アカウントを運用するようにしていきましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社おすすめのTikTok事務所については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ
関連記事

この記事を読んでいる人は、 おすすめのTikTok事務所を知りたい TikTok事務所に所属するメリットやデメリット、選び方を知りたい TikTok事務所に依頼する方法や事務所ごとの特徴を知りたい上記のように考[…]

TikTok事務所おすすめ_アイキャッチ