TikTokマーケティングとは?戦略や集客方法、企業の活用事例、メリットデメリットを解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokマーケティングの具体的な戦略や集客方法を知りたい
  • TikTokをマーケティングに活用した企業の事例を知りたい
  • TikTokマーケティングのメリットやデメリットを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「TikTokマーケティングの概要から戦略や集客方法、企業の活用事例」などを紹介していきます。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社の料金相場や依頼できる業務内容について以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ

TikTokとは

TikTok

TikTokとは15秒から60秒程度の短い動画を作成し、投稿するプラットフォームです。

動画スピードの調整やBGM、加工などさまざまな工夫を施すことができます。

特に10~20代のユーザーが多く、国内の利用者数も900万人を超える大人気なSNSです。

2018年に株式会社AMFが発表した「JC・JK流行語大賞」のアプリ部門で1位を獲得しました。

さらに、2018年第一四半期ではApp Storeのアプリダウンロード数で世界一に輝いています。

TikTokは多くのユーザーに利用されており、バズることも珍しくありません。

実際にTikTokに投稿した動画がバズリ、そのまま人気者になったTikTokerや商品・サービスも数多くあります。

TikTokマーケティングのメリット

TikTokマーケティングのメリット

TikTokをマーケティングに活用するメリットを解説していきます。

拡散力が強い&ユーザーの反応率が高い

TikTokは拡散力に優れるSNSとなっており、バズればどんどん情報が広がっていきます。

たとえば、ユーザーに人気の動画は以下のような現象が発生しやすいです。

  • 何回も視聴される
  • 動画の最後まで視聴される
  • いいねやコメントなどの共有リアクションが発生する
  • 動画の視聴後にユーザーが行動を起こす

人気のある動画は一気に拡散されて「TikTokのおすすめ動画」や「トレンド」に掲載されることもあります。

「TikTokのおすすめ動画」や「トレンド」は多くのユーザーが見るので、さらなる拡散も期待できます。

このようにTikTokは従来のSNSと同様に拡散力が高く、視聴者に評判の良い動画を生み出せれば、無名でも一気に知名度を上げることができます。

また、TikTokはほかのSNSと比べるとユーザーの反応率が高いです。

ITmediaマーケティングに調査によると、以下のような結果が出ています。

  • 2割のTikTokユーザーが動画視聴後に行動を起こしたことがある
  • 5割のTikTokユーザーがハッシュタグを付けて投稿したことがある

TikTokマーケティングを含むデジタルマーケティングにおいて、ユーザーの反応率は非常に重要なポイントです。

ユーザーが行動してくれることで拡散力が上がり、最終的に利益へとつながります。

拡散力が高く、反応率が良いという特徴を持つTikTokは、企業のマーケティングにおいても高い効果をもたらしてくれるでしょう。

低コストで動画コンテンツを作成できる

TikTokはアプリひとつで以下の操作が可能です。

  • 動画の撮影・カット
  • 動画のつなぎ合わせ
  • 再生速度の変更
  • BGMの挿入や音量調整
  • アフレコ・音声加工
  • 文字の挿入
  • エフェクトの追加

TikTokには動画編集に必要な基本的な性能がすべてそろっています。

一般的な動画編集ソフトと比べると劣る部分もありますが、それでも十分に高品質な動画を作成できる高性能ぶりです。

また、TikTokはお金を賭けずに動画を作成することができます。

そもそもTikTokの利用料がゼロ円なので、動画コンテンツを作成するのにもお金がかかりません。

一方で動画編集ソフトは性能良い分、お金がかかります。

そのうえ機能が多く、直感的に動画編集できないことも多いです。

その点TikTokは動画編集のスキルがなくても作成できるほど、手軽に動画を作成できます。

総合的に見ると、1分以内の動画であれば圧倒的にTikTokの方が優秀です。

高品質な短い動画コンテンツを何本でも無料で作成できるところも、TikTokマーケティングにおいて大きなメリットと言えます。

ほかの集客媒体への導線として活用しやすい

TikTokはユーザーの反応率が良いので、そのまま他の集客媒体へ誘導することもできます。

たとえば、動画の最後に宣伝したい商品名を載せることで、動画視聴後に検索や自社のホームページの閲覧を促すことが可能です。

ほかの集客媒体へ誘導すること自体は別のSNSでもできますが、TikTokは比較的ユーザーの反応率が高いのでより高い効果が期待できます。

日本だけでなく海外へのPRも行える

TikTokは国内利用者が900万人を超えていると紹介しましたが、TikTokは日本国内だけのサービスではありません。

世界に目を向けるとさらに多くの人が利用していて、Insider Intelligenceによると2022年におけるTikTokの月間ユーザー数は7億5,500万人に達するといわれています。

TikTokのユーザー数はFacebookやInstagramに次ぐ世界第3位に当たり、Twitterを抜くほどです。

近年、日本のTikTokユーザーが爆発的に増えていますが、それは世界でも同様のことが言えます。

これからさらに海外ユーザーが増えてくることが予想されるため、TikTokマーケティングで海外向けに発信すれば効率的に海外の人にアプローチできます。

海外向け製品を発売している企業からすると、TikTokを利用するメリットは非常に大きいです。

TikTokマーケティングのデメリット

TikTokマーケティングのデメリット

TikTokをマーケティングに活用するデメリットを解説していきます。

炎上してしまう恐れがある

TikTokは拡散力に優れるSNSですが、拡散にも良いものと悪いものがあります。

悪い拡散の代表例が「炎上」です。

炎上はユーザーの興味をひけますが、マイナス的な意味合いを持っており良い効果をもたらしません。

そのうえ、先ほども紹介したようにTikTokは拡散力が高く、そのままTwitterやFacebookに転載されることもあります。

仮にほかのSNSにも炎上動画が出回ると収拾がつかなくなり、多くの人に悪い印象を与えてしまいます。

少しでも炎上してしまうと企業のイメージが大幅に悪くなってしまうため、動画を投稿する際は十分に気を付けなければいけません。

炎上のリスクを少しでも避けるために、動画をアップロードする前に不快に感じるところがないか見直しましょう。

また、動画のチェックは若い世代も入れた複数人で行うことが大切です。

近年、若者と年長者の価値観に大きなズレが生じているため、30代以降の人が見ても何も感じなくても10~20代の人は不快感を持ってしまうようなことが多々あります

TikTokは10~20代の利用者が多いので、10~20代の人が見て不快に思われない動画を作成することがポイントです。

売上に直結しない可能性がある

TikTokはほかのSNSと比べると広告感が薄く、PRが直接的な売上につながらない可能性があります

TikTokはあくまで自社のホームページやECサイトへ誘導するための導線です。

いくら動画の再生回数が伸びたからといって、必ずしも爆発的に収益が発生するわけではありません

動画を作成する際は自社サイトを訪れたくなるような工夫が必要です。

TikTokユーザーの目をひくためには、企業ブランドの認知度を上げるといった間接的な訴求が効果的なので気を付けておきましょう。

メインユーザーが30歳未満の若者となっている

TikTokは10~20代の若い男女の利用者が多いので、どうしても30歳未満の若者向けの訴求が中心となってしまいます

仮に40代向けの商品をTikTokで売り出したとしても、そもそも40代のユーザー数が多くないためスルーされてしまう可能性が高いです。

しかし、TikTokは10~20代向けの商品やサービスを展開するマーケティングにおいては非常に効果的です。

マーケティング全般に当てはまることですが、ターゲットの年齢層を誤ると思ったような効果を得られないため、動画投稿する前にターゲットを明確することが重要です。

TikTokマーケティングの主な集客戦略3選

TikTokマーケティングの主な集客戦略

TikTokをマーケティング活用して集客するための戦略や方法を紹介していきます。

自社のビジネスアカウントを運用する

TikTokで集客する場合はビジネスアカウントを利用するのがおすすめです。

TikTokには個人アカウントとビジネスアカウントの2種類が存在します。

個人アカウントは動画投稿・視聴機能が備わった一般的なアカウントで、多くのTikTokユーザーが個人アカウントを利用しています。

一方でビジネスアカウントは、個人アカウントに備わっている機能に合わせて、以下の機能も利用できます。

投稿動画の分析
  • 合計再生時間
  • 合計視聴回数
  • 平均視聴時間
  • トラフィックソースの種類
  • 視聴者の所在地(国別)
インサイト分析
  • 動画の視聴数
  • フォロワー数の増減
  • プロフィールの表示回数
  • 動画投稿(直近7日間に投稿したコンテンツ)
  • 人気上昇中の動画
  • フォロワーの属性
プロフィール情報の追加TikTokアカウントに会社情報を記載。
そのほかにも、SNSリンクやメールの設置などにも対応。
商用楽曲ライブラリーの利用投稿の際に使える楽曲を好きに選択可能。

ビジネスアカウントにはさまざまな便利機能が備わっています

特に分析機能はTikTokマーケティングにおいてかなり重要です。

分析機能を使うと、投稿した動画の人気度やユーザーの特徴などを幅広く把握できます。

分析結果を生かせば、ユーザーが興味を持っている内容を分析して、さらにユーザーに寄り添ったコンテンツを発信することが可能です。

ほかにもプロフィールを設定することで自社の魅力を効果的に伝えることもできます。

動画を見たユーザーがそのままプロフィールに流れ、プロフィールから企業サイトを訪れることも十分に考えられます。

このようにTikTokのビジネスアカウントはビジネス運用において非常に効果的です。

ビジネスアカウントは以下の方法で作成できるので早速導入しましょう。

  1. TikTokアプリ内のマイページ右上の「…」を押す
  2. 「アカウント管理」に進んで「プロアカウントに切り替える」をタップする
  3. オプションから「ビジネス」を選択する

なお、ビジネスアカウントは無料で設定できるため安心してください。

インフルエンサーを活用したPRを行う

TikTokには、TikToker(ティックトッカー)と呼ばれる爆発的な人気のあるインフルエンサーがいます。

インフルエンサーは多数のフォロワーを抱えており、インフルエンサーに商品やサービスを取り上げてもらうだけで、認知拡大やコンバージョン率の向上を期待することができます。

インフルエンサーの活用方法として有名なのが以下のやり方です。

  1. 企業のSNSアカウントでハッシュタグチャレンジを仕掛ける
  2. インフルエンサーにハッシュタグチャレンジの投稿を依頼する

ハッシュタグチャレンジとは、TikTok内でユーザーに企業コンテンツの作成・投稿を促す広告のことです。

ハッシュタグチャレンジをインフルエンサーがすることで、PRがインフルエンサーのフォロワーたちの目に触れます。

動画を見たフォロワーはインフルエンサーのマネをしてハッシュタグチャレンジするという流れになっており、うまくいけばPRがどんどん拡大されていきます。

インフルエンサーの起用はSNSで有名なマーケティング手法ですが、特にTikTokでは効果的なので取り入れてみてはいかがでしょうか

インフルエンサーへの具体的な依頼方法やPRの料金相場、DMの送り方などについては以下の記事で解説していますので、是非参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 インフルエンサーにPRを依頼する方法や、DMで依頼する際の例文が知りたい インフルエンサーに依頼するメリットや料金相場を知りたい インフルエンサーを活用したPR案件の成功事例を知りたい[…]

インフルエンサー依頼方法_アイキャッチ

TikTok広告を出稿する

TikTokでは以下の広告を出稿することが可能です。

起動画面型広告
  • 画面全体に広告が表示される
  • 3~5秒間表示される
  • 動画・静止画を選択できる
  • 外部URLを添付できる
  • 1日1社しか利用できない
インフィード方広告
  • 「おすすめの投稿」ページで表示される
  • 全広告の中でも一番長く視聴時間を設定できる
  • 高い宣伝効果が期待できる
  • コメントやいいねで拡散されることがある
ハッシュタグチャレンジ広告
  • ハッシュタグを利用した広告
  • 比較的広告っぽさがないのでなじみやすい
  • チャレンジが広まりやすいので拡散力がある

広告を利用することでより効果的に宣伝できます。

より効果のあるTikTokマーケティングを実現したい場合は導入しましょう。

TikTokの広告を始める方法は以下の2通りです。

  1. TikTokの運営会社に問い合わせる
  2. 広告代理店に依頼する

運営会社に問い合わせると広告の出稿時間や費用を把握できます。

最終的に審査を通して合格すると、TikTokへ広告を出稿することが可能です。

また、最近ではTikTokマーケティングの需要が伸びてきたため、TikTok広告の配信に対応した広告代理店も増えてきました

広告代理店に依頼すると広告の内容や費用対効果などの情報を明確につかめます。

自社に合った方を選んでより高いマーケティング効果を獲得しましょう。

企業のTikTokを活用したマーケティング事例4選

企業のTikTokを活用したマーケティング事例

企業がTikTokを活用してマーケティングを行った事例をいくつか紹介していきます。

大塚製薬「ファイブミニ」

ファイブミニは「おいしく手軽に食物繊維を補給できる飲料」としてヒットした大塚製薬の製品です。

今でこそ若い世代から上の世代まで幅広い人に知られていますが、それ以前は主に30代以上にしかほとんど知られていませんでした

若者の人気を集めるべく、大塚製薬はTikTokマーケティングにアカウントを作成しました。

TikTokアカウントを開設して間もなく、若い女性を中心に売上げが跳ね上がります。

何の対策もしていないのに売上げが伸びたのは、便秘解消やダイエットに良いという理由で若い女性の間でバズったからです。

そこから広告出稿し、現在の爆発的な人気へといたりました。

中央大学商学部

中央大学商学部はTikTokで日本初となるTikTok LIVEでオープンキャンパスを行ったことで有名です。

ライブ配信では現役大学生が中央大学商学部の魅力やキャンパスライフなどのリアルな声を届けました。

大学生にとって気になる情報を配信していたため、1万人以上もの人が見ていたほどの人気となりました。

従来のオープンキャンパスは2日間で中央大学の全学部をまとめて約2万人なので、TikTokマーケティングは十分に成功を収めたと言えるでしょう。

通常のオープンキャンパスとは違った層にもアプローチできたことによって、爆発的なプロモーション効果を得ました。

TikTokマーケティングにより商学部の志願者も増え、中央大学の認知度も向上しました。

山形県のBMW販売店「BMWのオネーサン」

BMWのオネーサンとは、山形県のBMW正規ディーラーYamagata BMWで働く女性の通称です。

当時のフォロワーは10万人を超えていて、オネーサンが自動車をテーマにした動画を投稿していました。

きれいなオネーサンが山形便を使ってBNWを使っている様子がかわいらしく、瞬く間に人気を集めました。

中にはTikTokの動画をきっかけに車を購入しに来た人もいるほどです。

かっこいいBMWと山形弁を話す美女というギャップを生かした見事な施策と言えるでしょう。

三和交通

三和交通はTikTokの企業アカウントとして先駆的存在の会社です。

TikTok2021上半期トレンドにおいてはクリエイター部門にノミネートされたことで話題になりました。

三和交通のアカウントでは、取締役部長の溝口孝英さんと渉外課長代理・森嶋幸三さんが全力でダンスを踊る様子が撮影されています。

一風変わった動画から多くの人が注目し、現在では10万人以上のフォロワーがいるほどの人気ぶりです。

動画を見た人が三和交通に興味を持ち、新卒の応募者が極端に増えたと発表しています。

そのうえ、YouTubeやTikTokで企業説明を取り込んだおかげで採用コストも削減できたようです

このように、TikTokマーケティングは企業認知度の向上につながり、応募者数の増加や採用コストの削減も期待できます。

TikTokマーケティングで成果を出すためのポイント

TikTokマーケティングで成果を出すためのポイント

TikTokマーケティングで成果を出すための重要ポイントをいくつか紹介していきます。

TikTokマーケティングの実行前にKPIを設定する

TikTokマーケティングを始めるにあたって、まずは目的達成のためのKPIを定めなければいけません。

目標(KPI)は、具体的な数値で定量的に設定することが大切です。

定性的であいまいなKPIを設定してしまうと、効果測定や施策の達成状況の判断ができなくなってしまうため注意が必要です。

TikTokのアルゴリズムを理解する

KPIを定めた後はTikTokのアルゴリズムを把握しましょう。

TikTokでは独自のアルゴリズムで動画を表示していますが、TikTok公式ではどのような指標を利用しているのか公表していません。

しかし、TikTokマーケティングにおいて以下の項目が大切だと考えられています。

  • 視聴完了率
  • 視聴時間
  • 反応(いいね・コメント)
  • シェア数
  • 複数回再生数
  • 同アカウントの動画の視聴数

中でも反応とシェア数、視聴維持率は重要なポイントです。

TikTokのアルゴリズムに評価される良質な動画を作成するためにも、見返したくなるような動画や最後まで見たくなる動画づくりを心がけましょう。

TikTokアカウント(投稿)の分析を行う

TikTokで動画を投稿しているとアカウントのデータが蓄積していきます。

ビジネスアカウントに登録するとさまざまなデータが集まるためわかりづらくなりがちですが、分析において重要な項目は以下の4つです。

  • フォロワー数
  • 動画視聴者の所在地
  • 合計視聴回数
  • 平均視聴回数

上記の数字をチェックし、次の動画に生かしましょう。

また、マーケティング目的別に分析するデータ指標の重要度も変わってきます。

たとえば、ブランドイメージ向上が目的でTikTokマーケティングする場合は、合計視聴回数と平均視聴回数が重要になってきます。

仮に合計視聴回数に対して平均視聴回数が少ないのであれば、ユーザーが動画を視聴せず素通りしている可能性が高いです。

素通りを防ぐためにも、動画コンテンツを工夫して長く見てもらう対策を施さなければいけません。

このようにデータを生かすと現状を改善するために何をすべきなのかわかります。

社内人材が足りない場合、TikTok運用代行業者に依頼するのもあり

最近ではTikTokマーケティングの注目度が大幅に上がっていることもあり、TikTok運用代行業者といった会社も増えてきています

TikTok運用代行業者に依頼すると、以下のような業務を代行してもらえます

  • 動画投稿
  • マーケティングの企画や立案
  • データの分析
  • 動画投稿に対するアドバイス
  • いいねやコメントの管理
  • SEO対策
  • TikTokクリエイターの育成

代行業者によって作業内容は異なりますが、上記の作業を代行してくれることが多いです。

実際のところ、TikTokに知見のない企業がいきなりTikTokマーケティングを行っても効果がでないケースがほとんどです。

しかし、TikTok運用代行業者に依頼すれば高い確率でマーケティング成果を出して貰うことが可能です。

さらに、自社でTikTokを運用する人材を用意する必要が無くなるため、その分の人件費を浮かせることもできます

そのため、自社にTikTokなどのSNSやWebマーケティングに詳しい人材がいない場合は、運用代行業者を利用するのがおすすめです。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社の料金相場や依頼できる業務内容について以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ

TikTokマーケティングの戦略や集客方法まとめ

TikTokマーケティング

この記事では「TikTokマーケティングの概要から戦略や集客方法、企業の活用事例」などについて解説しました。

TikTokマーケティングは近年勢いに乗っているマーケティング手法のひとつです。

TikTokマーケティングは、インフルエンサーを起用する方法や広告を出稿する方法など、さまざまなやり方があります。

TikTokマーケティングに挑む際は、まずKPIを設定してどのマーケティング手法を活用すれば効果的なのか検討しましょう。

もし自社だけで判断できない場合は、TikTok運用代行業者に相談するのもひとつの手段です。

TikTokをマーケティング活用して、自社商品やサービスの認知・売上拡大を目指していきましょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社の料金相場や依頼できる業務内容について以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのTikTok運用代行・コンサル会社を知りたい TikTok運用代行会社に依頼する際の料金相場や業務内容を知りたい TikTokコンサルに依頼するメリットやデメリット、選び方など[…]

TikTok運用代行おすすめ_アイキャッチ